爪もみ再開

2006年01月18日

結局これが一番手軽で続けられるのかもしれない。続きを読む
posted by くろーん40 at 12:20 | Comment(11) | TrackBack(1) | 爪もみ療法

爪もみ療法を一時中断

2005年03月23日

1年やってきた爪もみ療法を一時中断することにした。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:36 | 東京 🌁 | Comment(11) | TrackBack(0) | 爪もみ療法

顆粒球人間

2004年11月30日

先日の血液検査はCRPの値が0.11と低く、良好だったと思っている。続きを読む
posted by くろーん40 at 00:37 | 東京 ☁ | Comment(16) | TrackBack(0) | 爪もみ療法

「奇跡が起こる爪もみ療法」☆☆☆

2004年09月10日

私も励行している爪もみ療法について書かれた「奇跡が起こる爪もみ療法」を読んだ。それにしてもここに載っているカスタマーレビューは凄い。☆☆☆☆☆とそれに同意する人が多いのに驚く。

自分で爪もみをやっているのに何だが、本当に皆効いているのであろうか?単なるプラシーボ効果(偽薬効果。本来は効果が無いのにそう思うことにより効果がでること)なんじゃないのかな。

私は朝晩の2回薬指を除く指と足の親指、人差し指に電気針で刺激を与えている。今年の4月頃からなので半年近くやっているが特に目立った変化はないように思う。やっぱり薬(ペンタサ)をやめていないからだろうか。副作用の強いステロイドならやめるかもしれないが、副作用の少ないペンタサはなかなか辞める気になれない。

本によると早い人はその日のうち、遅くても1ヶ月ぐらいで効果が現れるそうだ。

内容はここここに書いてあることと同じ。違いは爪もみ療法で直った沢山の体験談が載っているということ。でも殆ど自分に関係ない病気だし、インターネットではなく、本でなければダメという人以外、改めて本を買うまでもないだろう。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
posted by くろーん40 at 10:30 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | 爪もみ療法

爪もみによるクローン病の治療ー「安心」9月号

2004年08月14日

同じ 「安心」 の9月号に愛媛のしんとう内科医院院長の井上徹氏が「クローン病や潰瘍性大腸炎は爪もみで改善し薬もへらせる」という記事を書いている。

普通爪もみは薬指を刺激しない。これは薬指のポイントが副交感神経を抑制してしまうからである。井上氏はクローン病の場合には薬指を加えた5本の指全てを刺激することがポイントになる場合もあると書いている。それはクローン病による小腸の炎症は腸のアレルギー反応ではないかと考えているためだそうだ。アレルギー疾患の場合には副交感神経の過剰な優位状態で引き起こされる病気もあるため、同様にクローン病では副交感神経を抑制する薬指の刺激が有効でなのではないかということである。

しかし、もともと爪もみは弱まっている副交感神経を高めるためにするものなので、もし副交感神経を抑制するつもりなら、他の指は刺激せずに薬指だけ刺激すればよいとも思ってしまう。この辺の説明がもう少し欲しかった。

また井上氏は朝晩の1日2回、手足の爪の生え際の両角部分と側頭部と後頭部の指で押さえて気持ちの良いところ(圧痛点)を1箇所に付き2回連続して刺激し、さらに時間があるときに通常の爪もみも積極的にやることが大切だと解いている。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
posted by くろーん40 at 11:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 爪もみ療法

「爪もみ」でクローン病がよくなった体験談

「安心」 の9月号に爪もみ
でクローン病のため3年間続いていた下腹部痛や下痢の症状が改善されたという体験記が載っていた。

この体験記は私から見ると疑問に思えることが幾つかある。

一つは3年前にクローン病と診断されたにもかかわらず、病院の治療というのが『「肉類と脂肪は一切禁止、野菜中心の食事」という食事指導をされ、薬を処方された』ということだ。クローン病関連の本を1冊でも読めば分かることだが、まず、クローン病の食事の基本は高たんぱく質、低脂肪、低残渣、高カロリーである。「野菜中心の食事」では決してない。野菜には高残渣のものも多い。

もう一つは3年前にクローン病と診断され、病院で治療を受けたにもかかわらず、「下腹部の痛みが3年間も続いた」という点である。「下腹部の痛み」というのが、炎症のためなのか、狭窄のためなのか、腸閉塞のためなのかは書かれて居ない。しかし、このような痛みが残っていたら、まず退院できないのではないだろうか。炎症のためなら、絶食してIVHだろうし、狭窄や腸閉塞が原因なら適切な治療の末、痛みが取れてから退院となるはずだろう。

というわけで、私はこの記事の信憑性は低いといわざるを得ない。電子針で爪もみをしている私はこの記事を読んで非常にがっかりした。この記事を読んで「手記は難病といわれるクローン病や潰瘍性大腸炎の患者さんに、大きな希望と自信を与えてくれるものです」と「ひとことアドバイス」書いている爪もみ提唱者のひとり福田さんこそいい面の皮だと思うのは私だけだろうか。クローン病に効くというならクローン病のことを良く知ってから書いて欲しい。

爪もみ
についての記事はここでも読める。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
posted by くろーん40 at 11:15 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 爪もみ療法

爪もみ療法

2004年08月12日

3月から電子針で爪もみ
療法をしている。使っている電子針はこれである。

これで風呂上りに両手の人差し指を2回、薬指を除く手の指を1回づつ、刺激してきた。

はっきり言って効いているのか居ないのかよく分からない。先週末に実家に行ったときに 「安心」 の9月号を見せてもらった。その中である医者が普通は逆効果になるといってやらない薬指の刺激をクローン病の場合はした方が効果が上がったと書いてあった。また1日2回、全ての指を刺激した方が良いとも書いてあった。

ということで今日から朝晩2回、全ての指を刺激して見ようと思っている。
posted by くろーん40 at 10:30 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 爪もみ療法

電子針

2004年06月17日

電子針を3月からやっているのだが、効いているのいないのか。多分効いてないんだろうな。最近元々痛かった右バラに加え、左の腹にも違和感を感じ始めた。以前は普通の便だったのに最近時々下痢をするようになったし。悪くなってるのかな。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
posted by くろーん40 at 16:15 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 爪もみ療法
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。