噂の鼻注ビデオ発見

2006年07月03日

以前から旧兵庫CD(今のJ-IBD)が作成した『鼻注=経腸栄養療法を紹介したビデオ』を見たことがあるという声を聞いていたが、その改訂版らしきものをIBD Naviで発見した。続きを読む
posted by くろーん40 at 22:25 | Comment(15) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

在宅医療管理指導料と通院回数 結末

2006年04月26日

疑問は全く解消されず。続きを読む
posted by くろーん40 at 14:15 | Comment(7) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

エレンタールの無料宅配サービス

2006年04月19日

大量のエレンタール、皆さんはどうやって持ち帰っていますか?続きを読む
posted by くろーん40 at 13:39 | Comment(16) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

目覚めが悪い

2006年02月20日

今日は5時半に目が覚めた。続きを読む
posted by くろーん40 at 13:07 | Comment(8) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

在宅医療管理指導料と通院回数

2006年02月14日

先日通院した時にいつものように看護士さんにマンスリーキット二箱と鼻注用チューブを10本をお願いしたら、看護士さんから『実は今度から1か月分しかお渡しできなくなりました』と言われた。続きを読む
posted by くろーん40 at 14:04 | Comment(16) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

『鼻注って絶対に嫌だ』という方に

2006年01月23日

モーリー博士のビデオを是非見てもらいたい。続きを読む
posted by くろーん40 at 13:28 | Comment(24) | TrackBack(1) | 鼻注 (経腸栄養法)

鼻注の後片付け

2005年11月17日

posted by くろーん40 at 13:41 | Comment(18) | TrackBack(1) | 鼻注 (経腸栄養法)

鼻注チューブ固定用のテープ

2005年10月15日

まあ何を使っても良いのだが、私はこれが気に入っている。続きを読む
posted by くろーん40 at 00:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

鼻注の準備

使っているポンプの種類やどんな指導を受けたかによって、人それぞれだと思う。続きを読む
posted by くろーん40 at 00:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

エレンタールの空き箱の使い道

2005年09月20日

エレンタールを真面目にやっていると黄緑色の空き箱が山積みになるはず。でもうちでは直ぐに無くなる人気商品です。続きを読む
posted by くろーん40 at 19:54 | Comment(5) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

エレンタールのフレーバー 

2005年09月06日

そのままでは味が不味いエレンタールを味付けするために、ドリンク用のフレーバーが7種類、ゼリー用が2種類ある。続きを読む
posted by くろーん40 at 09:56 | Comment(22) | TrackBack(1) | 鼻注 (経腸栄養法)

エレンタールの濃度と速度ーその2

2005年08月25日

最適な濃度と速度は人によって大きく違うと思う。続きを読む
posted by くろーん40 at 13:10 | Comment(14) | TrackBack(4) | 鼻注 (経腸栄養法)

おとうさんの似顔絵

2005年07月30日

2003年11月に確定診断を受け、鼻注をはじめた時に、当時幼稚園児だった次男が書いた私の似顔絵。続きを読む
posted by くろーん40 at 20:07 | Comment(6) | TrackBack(1) | 鼻注 (経腸栄養法)

味の素提供のHP『IBD Navi』

2005年06月29日

風帆さんのブログで知った新しいHP。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:40 | Comment(8) | TrackBack(1) | 鼻注 (経腸栄養法)

エレンが鼻から

2005年05月26日

今朝はエレンが鼻から逆流(?)してきたせいで、朝いつもより早く目覚めてしまった。続きを読む
posted by くろーん40 at 15:41 | Comment(6) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

又やってしまった(T_T)

2005年04月21日

朝方、「う〜ん」と寝返りをうつとなんだか左の二の腕が冷たい(^_^;;続きを読む
posted by くろーん40 at 09:56 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

初の粗相

2005年04月18日

夜鼻注中に初めて鼻注チューブが外れてしまった。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:30 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

最適な鼻注チューブ2

2005年03月16日

富士システムズのファイコンEDチューブ5.5Frに決定。続きを読む
posted by くろーん40 at 13:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

最適な鼻注用チューブは?

2005年03月05日

鼻注用のチューブは太さがいろいろあり、嘔吐反応(ゲッとなる反射)の強弱などによって良いと感じる太さやタイプは異なるようだ。続きを読む
posted by くろーん40 at 15:08 | Comment(4) | TrackBack(1) | 鼻注 (経腸栄養法)

鼻注チューブ挿入のコツ

2005年03月03日

CCJapanの掲示板で『チューブ挿入のコツは?』という投稿があった。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

エレンタール300mlボトル

2005年03月02日

CCJapanの最新号や先日の集いでも話題になっていた300mlボトル。鼻注派にはなかなか実感できないが、経口派には画期的なことらしい。続きを読む
posted by くろーん40 at 13:45 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

鼻注用のチューブ

2005年02月12日

鼻注用のポンプが複数あるように、チューブもいろんな種類があるようだ。

T≒KAさんの『気をつけろ!そのチューブは大丈夫か?』にトラックバックしています。続きを読む
posted by くろーん40 at 22:15 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

使わないフレーバーの使い道

2005年02月08日

最初経口でトライして直ぐに断念したエレンタール。その後鼻注転向し、暫くは鼻注でもフレーバーを使っていた。続きを読む
posted by くろーん40 at 13:08 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

エレンタールは何故小腸型CDに効果的なのか

2005年01月31日

最近さぼり気味のエレンタール。反省の意味も込めて何故小腸型クローン病に良いのか、まとめてみた。続きを読む
posted by くろーん40 at 13:40 | Comment(8) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

旅行中の鼻注

2004年12月17日

今年3月に2泊3日の旅行に行って再燃したのは、旅行中エレンタールをサボったことも一因だったと考えた私は以降必ず旅行にエレンタールセットを持参している。続きを読む
posted by くろーん40 at 09:50 | 東京 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

エレンタール

2004年12月06日

エレンタールの添付文章(注意!Pdf資料ダウンロード)はエレンタールを摂取している人は必ず見たことがあるだろう。続きを読む
posted by くろーん40 at 09:21 | 東京 ☁ | Comment(14) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

鼻注2ーエレンタールの濃度と速度

2004年08月06日

3月末の再発後に一時期絶食で6パック入れていた以外は、大体3パックで落ち着いている。

エレンタールの濃度については1パックを550ccのぬるま湯で薄めて、600ccにするのが基本らしいが、私は徐々に濃くして行き、今は150ccのぬるま湯に1パックを入れ、200ccに仕上げ、それを3パック、合計600ccを入れている。

速度は睡眠時間に合わせ、100cc/hで6時間かけるというのが普通だが、9時間寝たい時には70cc/h、5時間しか寝れない時には120ccとしている。既に腸にエレンタールの耐性があり、70cc/hの翌日120cc/hでも全く問題ない。最初のころ一番薄い濃度でも下痢が続いたことがウソのようだ。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆
posted by くろーん40 at 11:50 | Comment(6) | TrackBack(4) | 鼻注 (経腸栄養法)

鼻注の勧め

2004年07月12日

私は最初から鼻注派でエレンタールを口から飲むことはない。

クローン病になった時に病気の説明を受け、一番最初に「絶対嫌だ」と思ったのが、チューブを鼻から入れ、それを通してエレンタール(栄養剤)を摂取することだ。子供の頃よく鼻から牛乳を飲んだりするやつがいたが、私は全くダメだった。鼻から物を入れるなんて想像しただけでも嫌で「こんなことまでしなくてはいけないのか」と絶望感を感じたものである。しかし、今は毎晩欠かすことがない習慣となっており、鼻からチューブを入れるのに全く抵抗を感じない。

昨年11月に入院して最初にエレンタールを始めた時、先生から一度飲んで見たらと言われ、オレンジのフレーバーで一袋を600ccでといで飲んで見た。大体この量を2時間ぐらい掛けてちびりちびり飲んだのだ。最初の200ccは「ふ〜ん、意外と飲みやすいじゃん」。次の200ccは「やっぱり飲みづらい」、最後の200ccは「勘弁してくれ」となってしまった。匂いが独特でキツイ。やはり匂いを嗅がなくて良い鼻注が良いということになった。翌日キシロカインゼリーという潤滑油をチューブの先につけて、鼻からゆっくり入れてみる。うちの病院ではクローン病の患者が少なく、看護婦さんの間でも鼻からチューブを入れると話題になったぐらいだ。ちなみに看護婦さんの中には看護学校で鼻にチューブを入れたことがある人が何人かいた。でも忘れてしまったとのことだった。(T_T) 。色々な本に書いてある通り、チューブをゆっくり入れ、のどにチューブが来たのを感じたところで、水やお茶を沢山口に含む。そしてその水やお茶を飲み込みながら、同時にチューブを流し込んでいくのである。

チューブには4つしるしがつけてあり、4つ目のしるしが鼻にぎりぎりまでくると大体胃の出口あたりまで、チューブが到達した感じになる。最初の何回かはチューブに注射器で空気を入れて聴診器を胃に当てて確かにチューブの先が胃に到達しているのを確認する。しかし、チューブが気管支等別のところに入っていたら、とても普通ではいられないほど咳き込むので、何も異常なしにチューブが4つ目のしるしまで入ったら、それはすなわち胃までチャンと入ったということだ。ということで2度目からはチューブが入ったかどうかは確認せずにエレンタールを流し始めた。

鼻注で一番辛いのはこのチューブを鼻に入れるところだ。すでに鼻注を毎日続けて8ヶ月近くになる。すでに240回はこのチューブを鼻に入れるという行為をしてきたことになる。慣れてくるとチューブを一気にのど元まで入れることが出来るようになる。ここまでは簡単だ。問題はここからで、ここからチューブを胃まで入れるのが難しい。一つはチューブがやわらかくなってしまい、のど元などでとぐろを巻いてしまうためだ。チューブを毎日交換すればこの問題は解決するのだが、普通チューブは3,4日あるいは1週間ぐらい交換しないで使うように言われる。一度使ったチューブは水洗いをした後に漂白剤につけておくため、チューブを硬くする薬が溶けてしまい、やわらかくなるようである。とぐろを巻くとのどに違和感が残って分かるので違和感が消えるまでチューブを引き出して、また入れる。これを4つ目のしるしまでチューブを入れることを繰り返すのである。

チューブがチャンと入ったら、鼻の部分とほほの2箇所をテープで留める。鼻注は朝まで続くので朝起きるとひどい時はチューブが首の周りに巻きついていたりするが、テープで留めてあるので取れたりしない。

またポンプのモーター音が寝る時に耳につくという人もいるが、私は寝つきが良いので、これも気になったことはない。

こんなことを毎晩繰り返していてもあの匂いを嗅いでしまうとやはり鼻注の方が楽だと思う。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆
posted by くろーん40 at 12:33 | Comment(4) | TrackBack(2) | 鼻注 (経腸栄養法)
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。