絶食の頻度と日数

2007年04月16日

これまでの絶食を振り返ってみた。続きを読む
posted by くろーん40 at 16:23 | Comment(8) | TrackBack(0) | 食事療法

骨密度低下と脂溶性ビタミンの吸収

2006年12月07日

週に一度は魚と緑黄色野菜を食卓に並べましょう。続きを読む
posted by くろーん40 at 17:30 | Comment(7) | TrackBack(0) | 食事療法

CCFA記事『Diet and Nutrition』を読んで

2006年07月31日

CD家族会のノビさんが翻訳してくれました。ありがとうございます。続きを読む
posted by くろーん40 at 16:04 | Comment(15) | TrackBack(0) | 食事療法

講演会『UC・クローン病の食事について』に出席

2005年10月16日

やっとすっきりしました。続きを読む
posted by くろーん40 at 01:52 | Comment(13) | TrackBack(3) | 食事療法

【低残渣】は『食事療法のスタンダード』!?

2005年09月24日

『低残渣』は強い狭窄を持つ人を除き、クローン病の【緩解期】の食事の際に意識する必要はないと思われる。続きを読む
posted by くろーん40 at 13:48 | Comment(18) | TrackBack(1) | 食事療法

クローン病患者にとって『食』とは

2005年09月09日

この記事のコメント欄で、クローン病患者にとって食べることの意味を考えさせられる書き込みが色々あった。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:53 | Comment(13) | TrackBack(0) | 食事療法

『腸年齢』て何?

2005年07月14日

腸内細菌のバランスは老齢期に入ると善玉菌が減り、悪玉菌が増えていく。続きを読む
posted by くろーん40 at 09:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | 食事療法

クローン病患者の下痢の原因

2005年07月07日

クローン病の代表的な症状のひとつである下痢。何故下痢になるのだろうか。続きを読む
posted by くろーん40 at 14:53 | Comment(3) | TrackBack(2) | 食事療法

アルコールの影響

2005年07月01日

2003年に発症し、その年の11月に入院した私は、その1年後の昨年11月にアルコールを解禁したものの、未だにクローン病への影響については今ひとつ良く分からない。続きを読む
posted by くろーん40 at 14:05 | Comment(9) | TrackBack(0) | 食事療法

緩解期のクローン病患者に腸管の安静は必要か?

2005年06月28日

脂肪や食物繊維などを制限する理由のひとつに『腸管を安静に保つため』というものがある。続きを読む
posted by くろーん40 at 14:05 | Comment(8) | TrackBack(1) | 食事療法

クローン病に脂肪は何故悪いのか

クローン病患者の食事制限で代表的なものは脂肪摂取量の制限だと思う。続きを読む
posted by くろーん40 at 13:30 | Comment(4) | TrackBack(1) | 食事療法

さつまいもで腸内洗浄

2005年06月27日

先日読んだ『究極のヨーグルト健康法』で『時々サツマイモを沢山食べて腸の中を掃除するとよい』というようなことが書いてあったので、試してみた。続きを読む
posted by くろーん40 at 09:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食事療法

腸内ガスが溜まる原因ー食物繊維の不足?病気のせい?

2005年06月23日

クローン病患者共通の悩みのひとつがおならが沢山出たり、腸内ガスが溜まっておなかがはったりすることではないだろうか。続きを読む
posted by くろーん40 at 14:04 | Comment(7) | TrackBack(2) | 食事療法

キムチを食べる理由

2005年04月21日

誰も聞いてくれないし、書くのも面倒だなと思っていたら、こんな記事を見つけた。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:49 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事療法

小腸の善玉菌を増やす食事

2005年03月11日

小腸の善玉菌を増やす食事を探していたら、あるある大辞典Uにヒットした。『小腸リセットで10歳若返る』続きを読む
posted by くろーん40 at 10:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(3) | 食事療法

食事療法のスタンダード

2005年02月08日

炎症性腸疾患者が緩解を維持するために、食事が重要であることは異論を待たないと思うが、どんな食事が良いのかという点については議論のあるところだと思う。では一般的に正しいと思われている緩解期維持のためのスタンダードな食事療法は何かと言ったらやはり【高エネルギー・低脂肪・低残渣・高ビタミン・ミネラル】だと思う。続きを読む
posted by くろーん40 at 16:24 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(2) | 食事療法

セミベジェタリアン食

2005年02月06日

先日CCJapanの掲示板で「ゆうはさん」からご紹介頂いた「セミベジェタリアン食」という食事療法の紹介。続きを読む
posted by くろーん40 at 19:29 | Comment(8) | TrackBack(3) | 食事療法

ダノンビオ80☆

2004年09月29日

3時のおやつにヨーグルトを食べようと思ってコンビニに行くと、ビオ80というのがあったので、たまにはGGでないものを食べて見るかと思い、購入した。お腹のリズムを整えてくれるBE80菌と言うのが入っているらしい。

ところが食べた途端、それこそ10分もしないうちに胃と腸が動き、凄い音を立て始めた。ゴロゴロという音だ。更に回腸の狭窄部分にも痛みを感じる。ヨーグルトは色々食べているがこんなことは初めてだ。

これは全く私の体に合わないようだ。もう絶対食べないと思う。
posted by くろーん40 at 15:32 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | 食事療法

朝食メニュー変更

2004年09月09日

朝食のヨーグルトを「タカナシヨーグルトおなかへGG!」に、野菜ジュースを「充実野菜 ベジタブル&ファイバー」の200ml紙パックに変更。

ヨーグルトはラクトバチルスGG株("LGG菌")というのが入っているもの。これ一つで140億個以上のLGG株を取り入れられるそうだ。LGG菌は生きたまま腸に届き、腸内の環境をクリーンにする働きにすぐれているそうだ。

メーカーのタカナシがこの菌についてHPを開いている。このページによると空腹時に採るのは効果的でないようだ。理由は菌が強い胃酸に弱いため。まあ朝食代わりという面もあるのでこのまま朝食べるつもり。このページで無料の会員登録をするとうんちの色と形で腸内の状態を判断できる「うんちチェック」が使える。中々良いと思う。

野菜ジュースも食物繊維を含むものにしてより、腸内環境整備に貢献するものにした。

まだ2日目のため特に体調に変化は無い。
posted by くろーん40 at 09:08 | Comment(2) | TrackBack(2) | 食事療法

野菜ジュースを500mlから200mlへ

2004年08月17日

最近、朝野菜ジュースを飲んだ後に腸がよく鳴るようになった気がする。500mlというのも量的に多すぎるようだ。ということで同じ野菜ジュースなのだが、伊藤園の充実野菜500mlPETからカゴメの野菜生活100(200ml 69Kcal)へ変更。
posted by くろーん40 at 13:02 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事療法

ヨーグルト2

2004年08月04日

日本ルナ(http://www.nipponluna.co.jp)という聴いたことがないメーカーから「プロバイオティクス脂肪ゼロ(http://www.nipponluna.co.jp/item_pr/pro_v_0/index.html)」というヨーグルトをコンビニで見つけたので、昨日から朝食べるヨーグルトをそれにチェンジ。味は以前食べていたヨーグルトと変わらない感じ。単に味音痴なのかも!?
posted by くろーん40 at 11:24 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 食事療法

ヨーグルト

2004年07月21日

CDでは腸内環境を整備することが非常に重要なので、そのためにヨーグルトを食べている。現在はグリコの「朝食プロバイオティクスヨーグルト」を毎朝1個、朝食代わりにオフィスで食べる。脂質が2.4gとやや大目だが、他のヨーグルトに比べると少ないと思う。値段も100円以下で安めなのでお勧め。
posted by くろーん40 at 13:01 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事療法

食生活

2004年07月12日

現在緩解期で食事をしている。朝はヨーグルトと500gの野菜ジュースを1本、昼は讃岐うどん、夜は魚を中心にご飯1杯という感じだ。肉などが食べられないのは辛いでしょうとよく言われるが、それ程でもない。昨年入院時の1ヶ月以上の絶食と3月末からの再燃期の3週間の半絶食を経験しているせいか、食べられる喜びの方が大きい。さらに毎日エレンタールを3パック入れているので、最初の入院直後に55kgまで下がった体重が最近は62kgまで戻ってきており、これ以上太るのはちょっとと思う。

この食生活で一番のご馳走は寿司である。外食する時は鉄火丼や回転寿司が楽しみだ。特に駅前の三崎港何とかと言う回転すしがお気に入りだ。

こういう食生活をしていると栄養が偏るので、朝の野菜ジュースの他にビタミン剤も飲んでいる。

http://www.betterlife.com/prod_home_page.asp?prod_id=2026
だ。どこかのHPでアメリカで一番売れている総合ビタミン剤と紹介されていたので買ってみた。飲み始めて3ヶ月だが、効果があるのかないのか分からない。でも再燃していないので聞いていると言うことにしよう(笑)。

他にはEPA/DHAのサプルメントを飲んでいる。これは抗炎作用があるというので、飲んでいるのだが、こちらも効果は良く分からない。
posted by くろーん40 at 12:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事療法

絶食

2004年06月18日

現在は昼と夜の2食とエレンタール3パックで絶食はしていないのだが、最近不気味な痛みを右と左の下腹部に感じるので「そろそろ絶食した方が良いかな」と思っている。

最初の絶食は入院した11月7日から翌年の始め頃までの2ヶ月。この時は「家族のためにも頑張って直さなきゃ」という意思が強く、また実際体調が悪すぎたせいか空腹感もあまり感じなかった。病室で他の患者さん達が食事をしていても全然平気。

2度目の絶食は再び体調が悪化した今年の3月末から2週間ぐらい。主治医には1ヶ月絶食と言われていたのだが、病気に対する慣れもあり、また意思が続かず、2週間ぐらいで徐々に食事の量が増え、丁度1ヵ月後には夜1食とエレンタール4,5パックになっていた。

CDの人は若い人が多く、若い人ほど食事制限が守れなくて悪化させると聞いたことがある。私は既に不惑を越えており、ラーメンや肉などのNG食を食べないというような食事制限はチャンと守れるのだが、絶食だけは難しい。

誰か絶食を補助してくれる薬などを作ってくれないかな。ダイエットにも使えて売れるはずなのだが。
posted by くろーん40 at 11:17 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事療法
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。