CC JAPAN Vol.41 特集 JDDW 2007レポート 〜第15回 日本消化器関連学会週間〜

2007年12月28日

毎年恒例となった消化器学会特集号でした。

特集を読むとCDの治療法ってどんどん進んで行っているなという感じがします。

特に腸管洗浄剤ビジコールビジクリアの名前で今年6月に日本でも発売されたのは知らなかった。

今までニフレックに苦しんできたCD患者からするととても嬉しい。今後はビジクリアがニフレックに代わり、『大腸内視鏡検査前処置方の第一選択肢となりえるのではないか』と演者の上野先生が言われていたと書かれている。

また最近はIBDのイベント情報が充実してきましたね。
ストーマ相談会や札幌(1月19日)熊本(2月2日)、名古屋(2月23日)など今回は地方の講演会が目立ちました。

☆私の連載『“たのしい”クローン病患者生活』は第五回「クローン病の遺伝」です。顔が似ているとかならほほえましいのでしょうが、病気まで似たりすると困りますよね。

★ 特集 JDDW 2007レポート 〜第15回 日本消化器関連学会週間〜

● ランチョンセミナー
消化器科医が知っておきたい下部消化管疾患の最先端
――進歩する病態学・診断学・治療学――
● ランチョンセミナー
大腸内視鏡全処置法の新展開
● サテライトシンポジウム
カプセル内視鏡の実際
――アンサーパッド ディスカッション――
● サテライトシンポジウム
ダブルバルーン内視鏡 このモダリティで何ができるようになったのか
● ブレックファーストセミナー
クローン病の治療戦略
――薬物療法と栄養療法の接点――
● ランチョンセミナー
クローン病の長期症例から学ぶ
● ランチョンセミナー
米国におけるクローン病治療の実際


★ 情報
● 山形大学医学部附属病院でのIBD治療
武田弘明先生(山形大学医学部附属病院 光学診療医療部長)
● 開成病院でのIBD治療 
齋藤雅雄先生(開成病院 院長)
● 最新の新薬治験情報
勝野達郎先生
(千葉大学医学部附属病院
 消化器内科助教)
● イエローページ
(白血球除去療法)
● イエローページ
(顆粒球吸着療法)
● レミケード治療体験談
厳しい食事制限からの解放
文◎KONAN
● アフラックの医療保険
〈やさしいEVER〉

★ 連載
● 炎症性腸疾患グローバル講座 第16回 レミケードに対する質問と答B 田中寅雄先生
● BISTRO MIKUMO
● 一言メッセージ  テーマ「こんな薬あったらいいな!」
● こういう仕組みだカラダ! 
白鳥泰正先生
(白鳥内科医院 院長)
● “たのしい”クローン病患者生活 くろーん40
● ラウンヂ・ミクモ
● 短期連載「IBDの直腸肛門病変について」A
三枝直人先生
(横山胃腸科病院 非常勤医師)
● クッシーの台湾ブルルン滞在記
● KEWPIE’S TEA TIME Sachiyo
● 潰瘍性大腸炎の患者さんに知っておいてほしい豆知識
石川秀樹先生(健保連 大阪中央病院 消化器科 部長)
● 人〜自分主義〜
刀をペンに持ち替えて 須田慎一郎(ジャーナリスト)
● IBDな内科医の手記 
ドクター・M
● 私のハズバンドはIBD 
堀田敦子
● 読者ホットライン
● それいけ! ビチューくん ごろさん
● IBDイベント情報
● セキララ★IBD劇場 
がんちゃん@UC
● 読者プレゼント
● 絶食NIGHT-SHOW 
山田浩貴
● KASSYのまじかるルーム KASSY
● エレンタールレシピ 
中東真紀先生
(四日市社会保険病院 IBD専任栄養士)


CC JAPANの定期購読(送料無料)はこちらからできます。

vol.41号単体での購読はこちらiconが送料無料なのでお勧めですがまだアップされていないようです。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆

クローン病ブログ・HPアクセスランキング>男性患者
 
posted by くろーん40 at 19:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | CCJAPAN
この記事へのコメント
連載読ませて頂いていますm(_ _)m
「遺伝」に関しては、自分も大変興味をもっています。
日本では、まだはっきり結論が出されていない模様ですし…
また、これがはっきりしたところで、何か良い対策があるのか心配です…


それにしても、関西ローカルでよく見かける須田さんがIBD患者だったとは思いもしませんでした。。
Posted by あかくろ at 2007年12月29日 20:55
JDDWの記事、内視鏡の話は大変興味深かったです。
ニフレックの苦痛が少しでも和らぐならうれしいですね^^

IBDイベントの情報、今回は地方が充実していましたね。
やっと名古屋で大きなイベントがあるので、うれしいです♪
IBD医療や患者さんの意識の向上のために、どんどん地方都市でもイベントを開いてほしいですね。
Posted by サクラ♪ at 2007年12月30日 10:03
あかくろさん、

遺伝、気になりますよね。
でももし自分の子供がIBDでも子供を作ったことは決して後悔しないと思います。まああかくろ君が作るにはちょっと早いかもしれないけどw

私も須田さんのIBDは驚きました。97,8年の金融危機の頃、彼が書いた記事を読むために夕刊紙を買ってましたよ。
Posted by くろーん40 at 2007年12月31日 10:11
サクラ♪さん、ご無沙汰です。

>ニフレックの苦痛が少しでも和らぐならうれしいですね^^

そうですよね。ビジコールはビジコールで薬の大きさが大きすぎて飲み込みづらいとか、飲む錠剤の数が多いとか色々あるみたいですけど。

名古屋のイベント、頑張ってください。
Posted by くろーん40 at 2007年12月31日 10:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75001009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。