CCFJ講演会「クローン病の栄養療法最新情報 〜経腸栄養の効果について〜」9月8日

2007年08月01日

経腸栄養の全て。う〜ん、仙台は遠すぎるorz要事前申し込み(2007年8月31日(水)まで)。


以下こちらのページをコピペ。


「クローン病の栄養療法最新情報 〜経腸栄養の効果について〜」
日時:2007年9月8日(土) 13:00〜16:00(12:30受付開始)
場所:仙台国際センター
定員:150名(申込先着順)
参加費:1,000円

〈当日のプログラム(予定)〉
12:30〜 受付開始
13:00〜13:10 開会挨拶
13:10〜13:40 第1部 座長:木内 喜孝(東北大学・消化器内科助教授)
『クローン病の基本的治療と成分栄養療法 〜エレンタールは本当に効くの?〜』(仮題)
東北大学病院 高木 承(消化器内科)
13:40〜14:10 『タイプ別成分栄養療法の使用基準 〜あなたはどのタイプ?〜』
九州大学病院 古賀 秀樹(消化器内科)
14:10〜14:30 休憩
14:30〜15:00 第2部 座長:小棚木 均(秋田赤十字病院・外科第一部長)
『成分栄養療法のメリット・デメリット 〜再手術に対する危険因子は?小児は?〜』(仮題)
大阪労災病院 根津理一郎(外科)
15:00〜15:30 『食事と成分栄養剤 〜上手な付き合い方教えます!〜』
社会保険中央総合病院 斎藤恵子(管理栄養士)
15:30〜15:55 質疑応答
15:55〜16:00 閉会挨拶

お申し込み期間:
2007年7月23日(月)10:00 〜 2007年8月27日(月)17:00

《申し込み方法》:事前予約が必要です。
1、住所、電話番号、氏名、参加人数、患者様またはご家族の場合、患者様の疾患名を明記しtel:03-3364-0514 、fax:03-3364-0515、メール:ccfj-jimu@sunny.ocn.ne.jpまで、お申し込みください。先着順の受付です。定員になり次第、締切ります(土日・祝日は電話での受付は行っておりません。8月6日〜8月15日事務局は休業いたします)

2、受付終了後、振込用紙をお送りいたします。振込み内容をご確認いただき、郵便局、またはコンビニで参加費をお振込みください。
振込期限:2007年8月31日(金)

3、当日は、お振込みいただいた払込受領証等をお持ちになり、受付にご提示ください。

お問い合わせ:
NPO法人 日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)事務局
〒169-0073 東京都新宿区百人町3-22-1
tel:03-3364-0514 fax:03-3364-0515
mail:ccfj-jimu@sunny.ocn.ne.jp


☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆

クローン病ブログ・HPアクセスランキング>男性患者
posted by くろーん40 at 10:06 | Comment(7) | TrackBack(0) | 講演会・交流会・患者会
この記事へのコメント
CCFJの活動が、どんどん関東圏以外に出て行くことは、いい傾向だと思います。
今までですと沼津〜つくばのほぼ関東圏ですからね。
仙台のみなさんがたくさん参加されるといいですね。
いつか名古屋にもCCFJのイベントやってもらいたいです。
Posted by サクラ♪ at 2007年08月01日 10:38
ご案内ありがとうございます。
仙台でのイベントがあるとは気がつきませんでした。。。
早速申し込みしちゃいました。
Posted by ヒロ at 2007年08月01日 12:42
すごく、気になる演目ですね。
エレンタールが本当に効くのか、知りたいです。
個人的には、食事を取れない人の栄養補給と認識してます。
入院して絶食すれば、炎症反応が下がるのと同じで、
自宅で、同じ事が手軽に出来るので、エレンを重宝しているだけな気がします。

でも、仙台は遠すぎますね。
Posted by まな・ぼるた。 at 2007年08月01日 13:00
教えていただいてありがとうございます。
聞いてこようと思います。
Posted by ララ at 2007年08月01日 14:16
サクラ♪さん、

なるほど、確かに関東近県以外では初めてなんですね。画期的ですね。

ヒロさん、

ご無沙汰です。
この講演会、面白そうです。
是非ブログでレポしてくださいね。

まな・ぼるた。さん、

>自宅で、同じ事が手軽に出来るので、

入院しないで済むメリットは大きいですよね。

個人的にはまだ、この記事↓で書いたことは間違っていないと思ってますが、。
http://crohn.seesaa.net/article/1779692.html

>『タイプ別成分栄養療法の使用基準 〜あなたはどのタイプ?〜』

とか

>『成分栄養療法のメリット・デメリット 〜再手術に対する危険因子は?小児は?〜』

というタイトルは凄く気になります。

ララさん、

ご無沙汰です。
東北の方だったんでしたっけ?
是非内容を教えてください。
Posted by くろーん40 at 2007年08月01日 21:48
J-IBDさんも、同じ9月8日に東京で「クローン病市民公開講座inお台場」というのを開催するみたいですね。こちらは福田先生と高添先生が来られるようです。
Posted by sada at 2007年08月02日 20:22
sadaさん、

情報ありがとうございます。
早速記事にしました。
Posted by くろーん40 at 2007年08月03日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。