障害等級の基準ー小腸機能障害

2004年08月22日

手元にあるのは「身体障害認定基準及び認定要領〜解釈と運用」という一つ古い版(1999年2月刊)なのでもしかしたら基準が変わっている可能性もあるが、参考になると思うので要約すると。

まず小腸の機能障害の等級は1,3,4級の3種類のみである。障害の認定時期は、小腸大量切除の場合は手術時を持っておこなうものとし、それ以外の小腸機能障害の場合は6ヶ月の観察期間を経ておこなうものとする。6ヶ月の経過期間というのは当該疾患にかかる初診日以降の期間の範囲内で計算する。

1級:小腸の機能の障害により自己の身辺の日常生活活動が極端に制限されるもの
具体的には次のいづれかに該当し、且つ栄養維持が困難(後述)となるため、栄養所要量の60%を常時中心静脈栄養法で行う必要のあるもの。
a.疾患等により小腸が切除され、残存空・回腸が手術時、75cm未満になったもの。
b.小腸疾患により永続的に小腸機能の大部分を喪失しているもの。

3級:小腸の機能障害により家庭内での日常生活が著しく制限されるもの
具体的には次のいづれかに該当し、且つ栄養維持が困難(後述)となるため、栄養所要量の30%以上を常時中心静脈栄養法で行う必要があるもの。
a.疾患等により小腸が切除され、残存空・回腸が手術時、75cm以上150cm未満になったもの。
b.小腸疾患により永続的に小腸機能の一部を喪失しているもの。

4級:小腸の機能障害により社会での日常生活が著しく制限されるもの
具体的には小腸切除又は小腸疾患により永続的に小腸機能の著しい低下があり、かつ通常の経口による栄養摂取では栄養維持が困難(後述)となるため、随時(6ヶ月の観察期間中に4週間程度の頻度をいう)中心静脈栄養法又は経腸栄養法を行う必要があるもの。

「栄養維持が困難」とは栄養療法開始前に以下の2項目の何れかが認められる場合。なお栄養療法実施中のものにあっては中心静脈栄養法または経腸栄養法により栄養所要量を満たしうる場合がこれに相当する。

1)成人においては最近3ヶ月間の体重減少率が10%以上であること(この場合の体重減少率とは平常の体重からの減少の割合、又は(身長ー100)x0.9の数値によって得られる標準的体重からの減少の割合を言う)

2)血清アルブミン濃度3.2g/dl以下であること

身体障害者福祉法指定医師の手引き』として北海道がHPにアップしている資料には診断書、意見書の用紙もついており、詳しい。埼玉県もアップしている。

以上だが、いづれにしても市町村の障害福祉課に相談するのが一番良いと思う。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
posted by くろーん40 at 21:01 | Comment(12) | TrackBack(3) | 身体障害者手帳
この記事へのコメント
くろーん40さん、 はじめましてではないのですけど、ほとんどはじめまして。
 以前、私のBLOGに書き込んでいただいてほとんどコメントを付けることができず失礼しました。
 けっこう日々余裕なく在宅IVHをしながら仕事をしており忙しい生活をしております。わたしもベテランクローン患者として情報を少しでもたくさん発信したいと思いつつなかなかそうもいかず不甲斐ない思いをしております。

 さてこの障害者手帳の件ですけれどもトラックバックさせて欲しい、また、ほとんど全文引用させていただけないかというお願いをしたいのです。
 くろーん40さんは4級を取得されているようですね。私も今年に入ってから取得してます。
 手帳取得の条件としてはこのくろーん40さんが挙げられた内容でほぼ合っていると思います。私も詳しく調べたわけではないのですがこれまで接してきた医師やWEBの情報を鑑みると合っていると思います。ただ、これだ、という神様のような情報がどこにもなさそうという状況だけはあります。

 医師の判断、市町村のローカルな基準はあると思います。私の場合、「手術歴4回、経腸栄養10数年」という状況はあるものの残存小腸3メートル、アルブミン値4以上ということで4級取得は難しいと医師から言われておりました。事実、似たような条件で申請を却下されている人は多くいたようです。在宅IVHを始めたということで4級取得と私はなりました。クローン病が多い首都圏というのも審査が厳しい?とも言われております。

 障害者手帳を取得することでのメリットと逆に企業に「へんな目で見られるのでは?とか特別な対応を取られると自由に仕事が出来ないのでは?」というデメリットもあるかとは思います。ですが選択の自由、情報の提供をしっかり我々患者は行っていきたいと思っています。

 長文失礼しました。
Posted by パムゾウ at 2004年11月21日 11:25
パムゾウさん、こんばんは

>さてこの障害者手帳の件ですけれどもトラックバックさせて欲しい、また、ほとんど全文引用させていただけないかというお願いをしたいのです。
了解しました。全文引用の際は、こちらから引用したことを明記していただければ、OKです。

>医師の判断、市町村のローカルな基準はあると思います。
そうみたいですね。ローカルな基準があるのは各市町村の予算の関係などから避けられないと思いますが、医師の判断と言うのは越権行為ではないかと思います。明確に基準に照らして、基準に達していないならまだしも、自分の経験などから主治医がこれはダメだと思うとか、決め付けるケースが掲示板などを見ても多いように思えます。本来はケースワーカーの仕事だし、彼らが判断できるほど規定に詳しいのか疑問が残るところです。

>私の場合、「手術歴4回、経腸栄養10数年」という状況はあるものの残存小腸3メートル、アルブミン値4以上ということで4級取得は難しいと医師から言われておりました。事実、似たような条件で申請を却下されている人は多くいたようです。

上に投稿した基準と趣旨を考えれば、経腸栄養10数年で4級の基準を満たしていないわけがないと思います。それを例えば「最近3ヶ月間の体重減少が10%か」という基準に当てはまらないなどと言い出したら、「じゃあ経腸栄養をやめて実際に体重が10%減るか確認しろと言うのか」なんて方向に話が行ってしまいます。ポイントは「経腸栄養が長期に渡って必要かどうか」という点にあるので、軽重栄養10数年の方に対し、「最近3ヶ月の体重は」なんてことをいうのはポイントを全く理解してないわけです。

>クローン病が多い首都圏というのも審査が厳しい?とも言われております。
そうみたいですね。私も財政厳しい千葉県民ですので心配でした。

>障害者手帳を取得することでのメリットと逆に企業に「へんな目で見られるのでは?とか特別な対応を取られると自由に仕事が出来ないのでは?」というデメリットもあるかとは思います。

この辺は経験が少ないのでよく分からないです。私は「へんな目で見られる」とか「手帳のせいで自由に仕事ができない」というのはないと思います。通入院のために「自由に仕事ができない」「特別な対応を取られる」というのはあると思いますが、それは病気のせいであって、障害者手帳のせいではないのではないでしょうか。

私は障害者手帳は取得できる条件が整っているなら、取得した方がメリットが多いと思います。
Posted by くろーん40 at 2004年11月21日 23:20
クローン40さん、さっそくのお返事、どうもありがとうございました。他の記事も読ませていただいておりますけど、参考になる話が多くて助かります。Hb値が13.5オーバーとのことよかったですね。

障害者手帳を取得することでのデメリットなのですが、発言している僕自身がデメリットを感じていないので少し無責任な発言だったかもしれません。仕事が出来れば企業に解雇されるなどあり得ないですから。ただ、これはクローン病に限らず、何かしら特別な状態(例えば障害者という決めつけ)は、へんに目を付けられたりするものです。僕の場合は両親に「息子が障害者と認定されることへの抵抗がないか」を確認しました。
Posted by パムゾウ at 2004年11月23日 12:59
パムゾウさん、こんばんは

>参考になる話が多くて助かります。
有難うございますm(__)m

>Hb値が13.5オーバーとのことよかったですね。
ずっと気になっていたので、良くなってきて嬉しいです。

>僕の場合は両親に「息子が障害者と認定されることへの抵抗がないか」を確認しました。

これはちょっとショックです。確かに病気にはやむをえなく、かかってしまったものの、申請しなければ、法律上は障害者とは認定されないわけですね。私の思考回路では、やむをえず病気にかかったのであり、その結果、法律的定義によれば、障害者と認められる状態になり、法律と法令に則って特別な社会福祉を享受できる権利を得たので、当然に権利行使するというストレートな結論です。確かに権利は行使しないことも可能ではあるのですが、折角金銭的に形のあるメリットがあるのに、それを行使しないのはもったいないと思うわけです。

>何かしら特別な状態(例えば障害者という決めつけ)は、へんに目を付けられたりするものです。
成る程そうかもしれませんね。感じ方は人それぞれですからね。理解はできます。

理解はできますが、私はそうは考えません。決して「障害者=落伍者」ではないです。身体的機能の障害は自分の社会的な能力に障害があることではありません。自分の体が法律的には障害者であることは否定できない事実なのですから、その事実を自分がしっかり肯定的に受け入れて、活用する(=障害者手帳を申請する)方が、精神的にも健全なのではないでしょうか。障害者手帳を申請するか否かはそれ程悩む問題でも難しい問題でもないと思います。

「なんだお前4級かよ。俺なんか1級持ってるぜ」と逆に自慢されても困りますが(笑)。
Posted by くろーん40 at 2004年11月24日 00:02
tbありがとうございましたm(__)m

こっちもtbさせていただきました〜。

いろいろと、うちも悩みましたが
今はクローン病になったのだから
逆に利用しなきゃ損と思っています(^。^)
Posted by ごろ at 2005年11月09日 14:54
tb返し、有難うございますm(__)m

>いろいろと、うちも悩みましたが
パムゾウさんへのレスではああ書きましたが、やはり悩むのが当然ですよね。

今は高速代半額や所得税減額など障害者としての恩恵をありがたく享受させてもらってます。
Posted by くろーん40 at 2005年11月09日 23:03
初めまして、クローン歴8年のものです。私はイレウスをくり返す為、先月大腸亜全摘術を行いました。小腸と直腸をつなぐ手術です。大腸がなくなったことで身障者手帳の申請ができると病棟の師長さんが教えてくれました。大腸のopeで申請できるらしいので私も恩恵を受けてもいいかなと思っております。申請は半年後にするのですが申請の経過をまた書き込みしようと思います。現在、自宅療養中でリハビリしてます。妻と子供のためにも頑張ります。


Posted by まーくん at 2006年05月20日 13:48
まーくんさん、初めまして
また手術、お疲れ様でした。

障害はこちらの資料
http://www.pref.hokkaido.jp/hfukusi/hf-shfks/syofuku/isitebiki/2_5_4p115boukou.pdf
の3ページに書かれている障害者4級の『小腸肛門吻合術』による『高度の排便機能障害』に該当するようですね。

現在自宅でリハビリ中とのことですが、あせらずじっくり回復に努めてくださいね。
Posted by くろーん40 at 2006年05月20日 21:26
お久しぶりびりです。ホームページをいつも拝見させてもらっています。以前大腸亜全摘のopeで身障者手帳の4級に該当するとのメールを頂きましたが、私の住む大分県庁からの回答は4級に該当しないというものでした。都道府県によって基準が違うものなのでしょうか???
Posted by まーくん at 2006年12月27日 23:45
まーくん、こんにちは
コメントを見落としていて、レスが遅れ、すみません。

>以前大腸亜全摘のopeで身障者手帳の4級に該当するとのメールを頂きましたが、

上に書いたように、師長さんが大腸亜全摘で手帳の4級に相当するというなら、パターンとしては『小腸肛門吻合術』による『高度の排便機能障害』だろうと書いたのです。

『小腸肛門吻合術』というのは、小腸と肛門側を吻合することですので、大腸亜全摘により該当するものと思います。

『高度の排便機能障害』というのは、小腸肛門吻合術などに起因し、かつ

ア 完全便失禁を伴い、治療によって軽快の見込みがない肛門周辺の皮膚の著しいびらんがある状態
イ 1週間に2回以上の定期的な用手摘便を要する高度な便秘を伴う状態
のいずれかに該当するもの です。

まーくんの場合、このアあるいはイに該当しないと判断されたのではないでしょうか?

>都道府県によって基準が違うものなのでしょうか???

身体障害者手帳の交付は身体障害者福祉法に基づくものであり、基本的に都道府県により基準が違うということはありません。
Posted by くろーん40 at 2006年12月30日 23:23
返信ありがとうございます。私の場合上記の(ア)、(イ)には該当しない状態にあります。もっと勉強しないといけませんね。でも手帳の取得をすすめた師長もいいかげんやなって思いました。愚痴をこぼしてすみません…。
Posted by まーくん at 2007年01月02日 23:59
まーくん、

そうですか、それは残念でした。

でも理由がはっきりして良かったのではないかと思います。もし役所の方が間違っていたらと思いました。
Posted by くろーん40 at 2007年01月03日 11:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/478131
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

障害者手帳
Excerpt: 昨日、「1リットルの涙」で障害者手帳の 申請の場面がありましたね。 先生が申請を勧めるんですが、父と母で 対立してしまいます。 うちも申請する時、似た様な事がありました。 再発で..
Weblog: ビチュ〜なクローン徒然日記
Tracked: 2005-11-09 14:48

障害者手帳
Excerpt: 昨日の診察日に障害者手帳のことで主治医に聞いてみた。 小腸の大量切除か人工肛門、
Weblog: くろーん調理師?クローン病
Tracked: 2005-11-17 11:37

ありのまま の巻
Excerpt: あのあのぉー、買ったばかりの携帯電話、おトイレに落としちゃいました〜(涙) 祈るっ!復活っっ!(T人T)オネガイシマス〜ただいま、乾かしています・・・。 でも、今日、聞い??
Weblog: あした元気になぁーれ
Tracked: 2006-04-10 16:56
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。