今年6度目の通院 6月22日

2007年06月22日

29日の予約を1週間早めて、今日、通院してきました。


今月は月の半分以上絶食したこともあり、ラコールが無くなりそうである事と、11日のMRI検査の結果が気になったので、予約を変更して今日行ってきました。

何時ものように採血の後、診察。

今月は違和感や痛みがあったため、月の半分絶食、1週間は1食という生活だったことを報告。

血液検査は何時ものように悪いところは何もないとのこと。

CRP0.06(前回0.13)
白血球減少(白血球5200/mm2、前回6200/mm2、正常値4000~8500),
血小板減少(血小板277、前回268、正常値140〜340),
貧血(アルブミン4.5、前回4.4、正常値3.4〜5.4),
汎血球減少(赤血球も4.77、前回4.65、正常値4.4〜5.4),
アミラーゼ(AMY78、前回86、正常値60〜200),

と骨髄機能抑制の兆候は勿論、他の数値も全く問題ないことを確認。

そして何時ものように触診。

やはり右下腹部の辺りに卵大の硬い所があるとのこと。自分で澤っても左側は柔らかいのに右下腹部は硬くなっているのがわかる。

MRI検査の結果は、特に新たに見つかったものはないとのこと。
回腸部位が厚くなっているのが分かった。MRIで良く判る肛門周囲の痔ろうや皮膚ろう、内ろう、膿瘍などは見つからなかったとのことで、一安心である。

私『免疫抑制剤を服用し始めて半年以上経ったのですが、以前より違和感を感じるなど効果が出てない気がするのですが』

主治医『そうかもしれないですね。免疫抑制剤が効いているかどうか判る血液検査があります。以前は高価で使えなかったのですが、そろそろコマーシャルベースに乗ると言う話も聞いています。今度確認しておきます。また秋からは大学の研究の一環でやるという話もあるので、遅くても秋までには出来ると思います。それで調べてみて、効果が上がっていなかったら、量を増やすなどしてみましょう。レミケードはどう考えてますか?』

私『痔ろうで困っていたり、CRPが2から下がらないなど炎症があるなら別ですが、今のように血液検査に異常がないような状態ではまだ使いたくないです』

主治医『じゃあこれまでと同じ治療方針で行きましょう』

ということになりました。

薬はラコール6パック/日、ペンタサ(12錠/日)、ロイケリンを1か月分づつ処方してもらう。エレンはまだ在庫があるのでお休み。

診察終了後、フレンタ用のバックとアーガイルの5Frチューブを4つづつ受領。

ラコールを早く欲しいため、処方箋を何時も使っている薬局にファックスし、今日中に発送してくれるようにお願いし、処方箋を封書に入れて、病院内のポストに投函して終了。

次回の診察は7月20日の予定。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆

クローン病ブログ・HPアクセスランキング>男性患者


posted by くろーん40 at 23:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病
この記事へのコメント
おはようです。

>右下腹部の辺りに卵大の硬い所

ですか。私は2002年あたりかな右下腹部にシコリを感じだしたのは。卵大という生やしいものでなく、アメリカンフランクフルトがある感じでした。

それから手術の2007年まで5年間ですが、なくなってた時期もありました。食事でも結構冒険をしていたのでもし徹底管理していたらもっと手術を先送りできたかも知れません。
Posted by ajari at 2007年06月23日 10:02
ajariさん、

貴重な体験談をありがとうございます。

実は私、これまで一度も自分のおなかをじっくり押してみたことがありませんでした。

今回、自分で触って押してみて、ああここなんだなというのが判り、今まで漠然と違和感としか感じていなかったのが他の方法が判って良かったです。今後は食事制限の指標のひとつにならないかなと思っています。
Posted by くろーん40 at 2007年06月23日 22:03
6TGNの濃度を測る検査のことでしょうか。
先日、東京医科歯科大学の渡辺先生に、計ってくださいとお願いしたら、検査してくれましたが、特定疾患の窓口負担額の範囲内ではできない検査でした(自費)。

私は白血球が明らかに減っているので、6TGNを計らずともロイケリンが著効していることはわかるのですが、なにごとも体験だと思って。。。

くろーん40さんの場合は骨髄抑制が起きてないので、効いているのかは6TGN濃度を調べないとなんともいえないかもですね。
Posted by 串間努 at 2007年06月27日 17:48
串間さん、

はっきりと6TGNとは言っていませんでしたが、恐らく6TGNのことだと思います。

私の場合は白血球も正常値なので、有効成分である6TGNが下限値以下なのか、それとも無反応者なのか、という感じです。

うちの病院では自費だと混合医療になるからということでNGでした。
Posted by くろーん40 at 2007年06月27日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。