A.J. クィネル『燃える男』☆☆☆☆☆

2005年04月18日

映画『マイボディーガード』の原作。原作を読んでいる人の映画のコメントで『映画も良かったけど原作も』というのが多かったので読んでみた。


読後感は新たなハードボイルドを発見した感じである。典型的なハードボイルドに比べると少ないものののニヒルなかっこいい台詞がちりばめられており、主人公の正義漢ぶりは読んでいて気持ちが良かった。

実に爽快なストーリーだった。映画を見た後でも、否映画を見た後だからこそ面白かったのかもしれない。

『映画を見た後だから』というのはあのダコタファニングの残影を引きずっているから。映画『マイボディーガード』での彼女はそれ程可愛かった。もっとも映画での彼女が小学校低学年にしか見えないのに対し、小説での設定では小学校5年生なので大分異なるのだが、この年齢差が小説と映画でのピンタの運命の差を生んだのかもしれない。いづれにしても感情移入しやすかったのは確かである。

映画でも思ったが、全体の3分の一でしかないのクリースィとピンタとの交流だけで十分面白い物語が成立している。全部で4部に分けられているのだが、各部のストーリーが非常に濃密で息をつかせない。勿論続編を購入しました。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆


posted by くろーん40 at 14:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

A.J.クィネル『燃える男』
Excerpt: オススメモノ度→[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:] 少女は、誘拐され惨殺された!!怒りに燃えるクリーシィ。外人部隊で勇名を馳せた男の活躍を描いた巨匠の鮮烈デビュー作品。..
Weblog: モノログ
Tracked: 2005-06-28 23:28
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。