鼻注の勧め

2004年07月12日

私は最初から鼻注派でエレンタールを口から飲むことはない。

クローン病になった時に病気の説明を受け、一番最初に「絶対嫌だ」と思ったのが、チューブを鼻から入れ、それを通してエレンタール(栄養剤)を摂取することだ。子供の頃よく鼻から牛乳を飲んだりするやつがいたが、私は全くダメだった。鼻から物を入れるなんて想像しただけでも嫌で「こんなことまでしなくてはいけないのか」と絶望感を感じたものである。しかし、今は毎晩欠かすことがない習慣となっており、鼻からチューブを入れるのに全く抵抗を感じない。

昨年11月に入院して最初にエレンタールを始めた時、先生から一度飲んで見たらと言われ、オレンジのフレーバーで一袋を600ccでといで飲んで見た。大体この量を2時間ぐらい掛けてちびりちびり飲んだのだ。最初の200ccは「ふ〜ん、意外と飲みやすいじゃん」。次の200ccは「やっぱり飲みづらい」、最後の200ccは「勘弁してくれ」となってしまった。匂いが独特でキツイ。やはり匂いを嗅がなくて良い鼻注が良いということになった。翌日キシロカインゼリーという潤滑油をチューブの先につけて、鼻からゆっくり入れてみる。うちの病院ではクローン病の患者が少なく、看護婦さんの間でも鼻からチューブを入れると話題になったぐらいだ。ちなみに看護婦さんの中には看護学校で鼻にチューブを入れたことがある人が何人かいた。でも忘れてしまったとのことだった。(T_T) 。色々な本に書いてある通り、チューブをゆっくり入れ、のどにチューブが来たのを感じたところで、水やお茶を沢山口に含む。そしてその水やお茶を飲み込みながら、同時にチューブを流し込んでいくのである。

チューブには4つしるしがつけてあり、4つ目のしるしが鼻にぎりぎりまでくると大体胃の出口あたりまで、チューブが到達した感じになる。最初の何回かはチューブに注射器で空気を入れて聴診器を胃に当てて確かにチューブの先が胃に到達しているのを確認する。しかし、チューブが気管支等別のところに入っていたら、とても普通ではいられないほど咳き込むので、何も異常なしにチューブが4つ目のしるしまで入ったら、それはすなわち胃までチャンと入ったということだ。ということで2度目からはチューブが入ったかどうかは確認せずにエレンタールを流し始めた。

鼻注で一番辛いのはこのチューブを鼻に入れるところだ。すでに鼻注を毎日続けて8ヶ月近くになる。すでに240回はこのチューブを鼻に入れるという行為をしてきたことになる。慣れてくるとチューブを一気にのど元まで入れることが出来るようになる。ここまでは簡単だ。問題はここからで、ここからチューブを胃まで入れるのが難しい。一つはチューブがやわらかくなってしまい、のど元などでとぐろを巻いてしまうためだ。チューブを毎日交換すればこの問題は解決するのだが、普通チューブは3,4日あるいは1週間ぐらい交換しないで使うように言われる。一度使ったチューブは水洗いをした後に漂白剤につけておくため、チューブを硬くする薬が溶けてしまい、やわらかくなるようである。とぐろを巻くとのどに違和感が残って分かるので違和感が消えるまでチューブを引き出して、また入れる。これを4つ目のしるしまでチューブを入れることを繰り返すのである。

チューブがチャンと入ったら、鼻の部分とほほの2箇所をテープで留める。鼻注は朝まで続くので朝起きるとひどい時はチューブが首の周りに巻きついていたりするが、テープで留めてあるので取れたりしない。

またポンプのモーター音が寝る時に耳につくという人もいるが、私は寝つきが良いので、これも気になったことはない。

こんなことを毎晩繰り返していてもあの匂いを嗅いでしまうとやはり鼻注の方が楽だと思う。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆


posted by くろーん40 at 12:33 | Comment(4) | TrackBack(2) | 鼻注 (経腸栄養法)
この記事へのコメント
こちらでは初めましてです。コメント、TBありがとうございます。
鼻注を勧めていただきましたが、明日再開しようと思ってます。入院中は一日時間があるので、全部経口でいけるだろうと思ってましたが、限界が来たようなので…。
僕の場合は、チューブを飲み込むときが一番大変です。慣れてくれば大したこと無いのですが、久しぶりになるので、一回ですんなり入るかどうか…。
経口よりもフレンタのほうが、楽賃ではあるので、ノルマ達成できるのではと思ってます。さすがにいきなり4包を一晩では無理がありますけどね^^
Posted by おはるさん at 2005年07月12日 22:33
おはるさん、ども^^。

>僕の場合は、チューブを飲み込むときが一番大変です。
喉のところでとぐろを巻いてしまうのですよね?
このチューブがお勧めです。これを使ってから一度も喉でとぐろを巻いたことがありません。
http://crohn.seesaa.net/article/2440433.html

チューブだけでなく、接続口も柔らかいため、外れやすかったりしますが、接続した後テープで巻けばOKです。
Posted by くろーん40 at 2005年07月12日 23:02
こんにちは。

tbありがとうございます。

確かに、鼻チューの最初の壁は喉のゴックン
ですよね。これさえ会得すればなんとか毎日
することができるんですよねぇ。
Posted by ごろ at 2005年07月24日 11:59
ごろさん、ども^^。

やはりビチュ〜といえば、ごろさんですよね。

ごろさんはワイヤーを使われていますか?ワイヤーありの方は喉でチューブがとぐろを巻くことはないと思いますが、ワイヤーを使わないタイプだとどうしてもとぐろを巻いてしまうんですよね。
Posted by くろーん40 at 2005年07月30日 07:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

おいおい やめてぇ〜
Excerpt: 昨晩 睡眠中 みょうな引っ張られ感?がして目覚める。 なんと 息子が私の鼻チューチューブを おもいっきり引っ張っているではないか! あわてて息子からチューブを離さす。 どうやら 寝返りを..
Weblog: くろーん調理師?クローン病
Tracked: 2005-07-02 01:31

エレンタール、口から?鼻から?
Excerpt: 今朝「治療方針」という記事を書いたところ、くろーん40さんやクローンリーマンさんから、鼻注(鼻からチューブでエレンタールを注入すること)を勧められたので、これについて考えてみた。   率..
Weblog: ミログ〜mino vs crohn〜
Tracked: 2006-09-28 16:56
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。