IBDと生命保険、或いは住宅ローン

2005年04月11日

CCFJによる住宅ローンについてのアンケート回答者募集記事へのトラックバック。



アンケートの目的が書いていないが、単なる調査だけなのだろうか。できれば、その結果をもとに生命保険協会に掛け合ってもらいたいものだ。

住宅ローンを借りる時に問題となるのは、@借りられるのか、借りられないのか、A借りられるとしたらそれは希望の金額までなのか、B団信に加入できるかどうか、の3点だと思う。

多分一番多いのは団信に加入できないから希望額まで借りられないというケースだと思う。

団信も生命保険だが、この病気で生命保険への加入を拒否したりする理由は何故なのだろうか。

一番大きな理由は生存率についての信頼できるデータがないということではないだろうか。実際には殆ど変わらないらしい。この辺のデータ整備は厚生労働省に頼むべきなのか、生保協会に相談すべきなのか、分からない。IBD患者も10万人近くいることだし、やはり商売として生保協会に相談すべきなのだろうか。

或いはIBD患者の団信のニーズがそれ程高いならアイビーリーグクラブに商品化して貰うのが良いのかもしれない。日本でデータが無くとも、現在の商品と同様に海外への再保険を使うならデータは海外のものを使えるのではないだろうか。米国では人数が多いこともあり糖尿病、C型肝炎などと同様に殆どの場合、料率が上がるだけで加入できる生保は多いようだ。

最近は生協の共済などでも加入できたと言う書き込みを掲示板で見る。生保加入の環境自体は以前よりは良くなっているのだと思う。

ちなにみ個人的には発病前にローンを借りたので、この病気を持つ人の借り入れの困難さは経験していない。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆


posted by くろーん40 at 10:31 | Comment(8) | TrackBack(2) | 保険・住宅ローン
この記事へのコメント
私も今住宅ローンを組もうと四苦八苦しています。今まで団信なんて知らなかったので売買契約も終わりローンの仮審査もOKで、いざローン申し込み!という時に団信が立ちはだかりました。

その後、あちこちの掲示板などで住宅ローンを組みたいけれど団信(団体信用生命保険)の告知で謝絶されるので困っているという話しを読みさらに暗澹たる思いに。。。でも、もしかしたらまだ可能性があるかも知れません。「特別団信」とか「ワイド団信」或いは「第二団信」というのはご存知ですか?

それは通常の団信より基準が緩く、ある程度の既往症のある方でも診断書をつけて申請してローンが組めるというものです。今、三井住友銀行からカーディフ生命への申請の準備中です。通常のローン金利に0.5%程度の上乗せとなりますが、それでも公庫より今は安いのでは?糖尿病とか高血圧とかが主なターゲットなのでしょうが、クローンで通るか?私は三井住友銀行でお願いしていますが、答えは来週末には出そうです。ご参考までに関連のサイトのURLを下記に記しておきます:

http://www.homeloan.visithp.jp/blog/archives/2005/08/post_277.html
http://www.18bank.co.jp/news/topics/2005/2005_003.html
http://www.kantotsukuba-bank.co.jp/newsrelease/2004/0113.htm
http://www.kumamotofamilybank.co.jp/news/0408/040802_ganhosyo.html
Posted by Cherokee at 2005年10月22日 20:59
丁度新しい記事を書いたところでした。
http://crohn.seesaa.net/article/8476759.html

>「特別団信」とか「ワイド団信」或いは「第二団信」というのはご存知ですか?
知りませんでした。

>答えは来週末には出そうです。
結果が出たら是非教えてくださいねm(__)m
Posted by くろーん40 at 2005年10月23日 00:03
Cherokeeさん

結果を楽しみに待っている者です。

クローンではどうなりましたでしょうか?
Posted by anan at 2005年12月13日 23:58
ananさん、

こちらの記事
http://crohn.seesaa.net/article/8476759.html

に結果についてのコメントがありますのでそちらを御参照下さい。

残念ながらクローンでは相変わらず一般団信は難しいようです。特別団信ならどうにかなりそうな場合もあるようです。Cherokeeさんは緩解期が長かったため例外的に一般団信に加入可能だったようです。
Posted by くろーん40 at 2005年12月14日 10:03
ツリーが複数になっていてコメントいただいていたのに気づきませんでした。結果はもうご承知の通りです。住宅取得の道は団信だけではなく返済計画、引越し、各種手続きなどなど長い道のりでした。お陰ですっかり体調を崩してしまいなかなか完全な緩解には戻らずぐずぐずしてます。。。10年の緩解というのは決して再燃が全然なかった訳ではなく、下腹部が腫れ上がって歩けなくなったりもしましたし、寝込んだこともあるんですよ。ただ、仕事もあるし何とか入院および手術はせずに通院で点滴したりして内科的に治療し何とか誤魔化してきただけですよ。入院したら楽なのにな、と思う事は何度もありましたから。
この辺の考え方は人それぞれですね。

Cherokee(shinon_ks@yahoo.co.jp)
Posted by Cherokee at 2006年01月15日 01:32
>10年の緩解というのは決して再燃が全然なかった訳ではなく、下腹部が腫れ上がって歩けなくなったりもしましたし、寝込んだこともあるんですよ。ただ、仕事もあるし何とか入院および手術はせずに通院で点滴したりして内科的に治療し何とか誤魔化してきただけですよ。

おそらく10年間入院しなかったことが、今回保険会社からは評価されたわけですね。

>この辺の考え方は人それぞれですね。
その通りですね。担当医の考え方でもあるのでしょうね。
Posted by くろーん40 at 2006年01月15日 19:27
こんばんは。住宅購入を考え出した半年ぐらい前にこのページにたどり着きました。団信は端から無理と思い、IBリーグの共済で保険のない部分はカバーしようと思いフラット35を申し込みました。ただ、デベの提携ローンも選択肢を増やす意味で申し込みをし、その際に団信の審査が必須だったため正直に病歴(手術歴あり5年前、その後緩解維持、ペンタサ1000mg/day)を書いたところ本日団信OKとの返事を頂きました。他のマンション購入掲示板でUCの方が同じく団信が通った例が書かれていましたが、まさか自分がOKになるとは正直まだ信じられない感じです。UCの方も私の場合も引き受け保険会社が明治安田生命でした。明治安田は独自の判断基準でIBD即謝絶にはしないようです。もしある程度緩解期間が長い方は諦めずに申請してみるといい結果が出るかもしれません。同病の方に少しでもこの情報が役立てられれば幸いです。
Posted by 苦労ーん14年生 at 2007年02月10日 00:31
苦労ーん14年生さん、初めまして

非常に、非常に参考になる情報をありがとうございますm(__)m

私が謝絶された生保は住○生命(ネガティブな情報なので、不要に検索にかからないように伏字にしてます)で、住○生命に直接電話をして、謝絶されたので、CD,即謝絶という感じでした。

最近、三井生命が生命保険でIBD患者の保険加入を認めることを決めたように、会社ごとに独自の判断をするケースも増えているのですね。

新居ご購入おめでとうございます。

非常に有意な情報をありがとうございました。
Posted by くろーん40 at 2007年02月11日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

住宅ローンについてのアンケート
Excerpt: 「40歳からのクローン病」blogからのTBです。 これを読んで早速CCFJにメールしてみました。 個人情報が心配ですがその辺は十分に対応しているとのことなので信用して アンケートに協力させ..
Weblog: ブギーバック
Tracked: 2005-04-15 22:13

C型肝炎
Excerpt: C型肝炎ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん)とは肝炎ウイルスが原因の肝炎|肝の炎症性疾患のことを指す。病態として、急性に発症する急性肝炎と肝の炎症が一定期間以上持続する慢性肝炎および急性肝炎の劇症化..
Weblog: C型肝炎について
Tracked: 2005-05-15 15:09
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。