石田衣良『約束』☆☆☆☆☆

2006年11月08日

電車の中で涙が。。。


年を取って涙腺が緩んでいることを考慮しても、本当に泣かせるだと思う。

最近泣ける小説というのが、流行のようだが、小説で泣くなんてかっこ悪いと思う。でもこの本を読んで、くじけることがあっても立ち上がっていく人々の物語を読むことで、生きる勇気を貰っているような気がした。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆

クローン病ブログ・HPアクセスランキング>男性患者


posted by くろーん40 at 10:49 | Comment(8) | TrackBack(0) | 読書録
この記事へのコメント
40さんを泣かせる本って一体どんな本なんでしょうか。入院時にしか本は読みませんが、今まで読んで泣いた本は1冊だけです。
神戸殺傷事件の被害者のお父さんが書いた本です。さすがに、泣きました。

読書の秋ですし、たまには読書もしてみようかな。『約束』でしたね。今度、本屋さんでチェックします。
Posted by たらこ at 2006年11月08日 19:46
こんばんは〜☆
クローン40さんを泣かせてしまう程の本ですか!
自分もどんな本なのか興味あります〜☆
そういえば、自分は最近は泣ける本って読んだ事ない気がします…(汗
でも、本を読んで感動出来るって素晴らしい事ですよね!
Posted by 駿河 流 at 2006年11月08日 21:02
たらこさん、

最近、涙腺がゆるいくろーん40です。

>神戸殺傷事件の被害者のお父さんが書いた本です。さすがに、泣きました。

ぼろぼろに泣いてしまいそうですね。
感動とか泣けると謳うような本は好きでないのですが、やはり読み始めるとはまってしまいました。

流さん、

流さんがゲームをやるのと同じように、私は本を読むのが暇つぶしです。でも本を読むことによって、自分の興味の幅が広がったり、人生経験が豊富のような気になったり。楽しいですよ。
Posted by くろーん40 at 2006年11月10日 10:03
「生きる勇気」素敵な言葉ですね。
僕も読んでみます。
Posted by ヤッシー at 2006年11月11日 12:40
ヤッシーさん、

普段、『生きる勇気』なんて意識したことはないですが、振り返ってみると確かに何度か『生きることに何の意味があるのだろう』とか考えたことがあったなと思います。まだ10代の頃の話ですが、一歩踏み出すのが怖かったり嫌だったり。

そんなことを考えると『生きる勇気』って必要なことがあるのだなと思います。
Posted by くろーん40 at 2006年11月11日 14:05
はじめまして。
この度、健康に関するランキングサイトをオープンしました。
オープン間もないため今なら上位ランクインも確実です。
簡単な登録ですぐにランキングにエントリーできますので
ぜひこの機会に登録をご検討してみてはいかがでしょうか。
貴サイトの登録を心よりお待ちしております。

サイト名:健康注目度ランキング
サイトURL:http://rank-net.jp/kenkou/
Posted by 健康注目度ランキング at 2006年11月11日 21:31
いやっ〜私も40歳過ぎてから、極端に涙もろくなりまして、クローン40さん察するところ63年生まれで私より5歳はお若いと勝手に想像しながら、いつもブログ拝見しております。

私のお勧めは、浅田次郎という2000年?に出したぽっぽやで、直木賞を受賞してから一躍有名になった作家でして、それ以来文庫本は全て制覇している一ファンなのですが、泣けるといえば2003年に映画化した「壬生義士伝」という小説で、東北生まれで新撰組に参加した、吉村貫一朗という武士の話なんですよ。

とにかく泣けました。

これ以外にも浅田次郎の小説は読み易くて、恋愛小説あり、時代劇あり、任侠ものありで、最も好きな小説家の一人です。

一度お試しあれ。

Posted by koitetsu at 2006年11月11日 22:11
koitetsuさん、

浅田次郎、私も時々読んでいます。

プリズンホテルシリーズや最近映画になったメトロに乗ってなどが面白かったです。「壬生義士伝」はまだ読んで無かったです。今度読んでみますね。
Posted by くろーん40 at 2006年11月13日 09:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。