今年7回目の通院 10月4日

2006年10月05日

胃カメラをやることになりました。


まず採血をして、それから診察。

採血結果では白血球減少(白血球6700/mm2),血小板減少(血小板275),貧血(アルブミン4.4),汎血球減少(赤血球も4.69),無顆粒球症(顆粒球64%)など骨髄機能抑制の兆候はないことを確認。ロイケリンは先週水曜日から飲み始め、まだ1週間であることと指示のあった朝食後ではなく、夕食後に飲んでいることを念のため報告。ロイケリンは以前は1日3回の服用で処方していたそうだが、1日1回の方が効果があったため、1日1回の服用になっており、夕食後でも全く問題ないとのことである。

それは良かったのだが、悪かったのはCRPが0.51に上がっていたことorz久し振り?に高い数値。

触診で右下腹部近辺を触られるが、いつもより痛い。
「痛い!」と言うとタッチを柔らかくしてくれた。でも前回触診してもらったときもそれをきっかけにして痛みを感じることが増えたような気がして嫌だった。まあ気のせいだと思うが。

その後、先週の火曜日と先日の日曜日に胃痛でのた打ち回ったことを報告。日曜日の胃痛の際には、これまで痛みを感じたことがなかった左側の下腹部というか下行結腸あたりに周期的な痛みがあったことも報告した。

「そう言えば胃カメラをやってなかったね。」と先生。
「いえ、何度もやったことがあります。かれこれ20年前から胃痛はよくあったので。でも胃カメラをしても何も見つかりませんでしたが。」と私。
「いや私が見てみたいので急ぎませんが、胃カメラをやりましょう」
ということで12月1日の胃カメラが決定。

「先生、私、胃カメラが大の苦手なのですが」と言うと
「じゃあ、麻酔を準備させて起きますよ」

う〜ん、胃カメラは嫌だが仕方がないか。

診察後、待ち合わせていたマイミクのジョニーさんに通院の裏技を色々伝授してもらう。やはり大学病院には大学病院なりの裏技が色々あり、非常に参考になった。ジョニーさん、ありがとうございました。

次回の診察は11月1日と1ヵ月後になった。次回も診察前に血液検査あり。
「えっ、もう一ヵ月後にするのですか」と思った。
免疫抑制剤を服用開始時ってもっと頻繁に血液検査をして骨髄抑制がないかチェックするのだと思っていた。ちょっと心配だけど通院回数が減るのはありがたい。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆

クローン病ブログ・HPアクセスランキング>男性患者


posted by くろーん40 at 12:44 | Comment(8) | TrackBack(0) | 闘病
この記事へのコメント
クローンは消化器官すべてに炎症が起こるのでやっかいですね。腹部と胃の痛みの原因がわかるまで、落ち着きませんね。胃カメラ、麻酔でよかったです。検査は少しでも苦痛がない方がありがたい。12月までまだ日があるので、どうぞお大事に!
Posted by くみこ at 2006年10月05日 13:17
私も来週外来あるのですが、胃カメラを申し出てみようと思います。別に胃がどうこうと言うわけではありませんが、人間ドックではバリウムのレントゲンを免除してもらっているので、やっぱり気になります。癌とかの心配もありますし・・・。
私も検査自体は苦手ですが、お互い頑張るしかないですね・・・
Posted by 内務卿 at 2006年10月05日 15:00
くろーん40さん胃カメラ嫌いですか?
私は1回だけ、例のクリニックでやったことあります。喉のゼリーだけで平気でした。
胃カメラしながら先生や看護師と会話ができる位に(笑)小腸造影ゾンデ式は死ぬ程嫌いですけど(汗)右下腹部が痛いのは狭窄があるからでしょうね。

>左側の下腹部というか下行結腸あたりに周期的な痛みがあったことも報告した。

必ずしも炎症があるとかは言えないと思いますよ。神経に関係してるとか?目では見えませんが神経で繋がりがあって痛みが生じるような?

胃が痛いと言ってる、くろーん40さんに胃薬は出なかったんですか?普段から常備薬として持ってるんでしょうね。私はガスター10を処方して貰いますよ。胃が痛い時だけ。
Posted by 胃カメラ得意な 薩摩隼人♪ at 2006年10月05日 16:03
くみこさん、

コメント、ありがとうございます。

>腹部と胃の痛みの原因がわかるまで、落ち着きませんね。

今回は今まで経験したことがない痛みの種類だったので、嫌ですね。

内務卿さん、

私はこれまで経験した検査の中では胃カメラが一番苦手です。チューブがのどを通ったとたんにえづき始めて止まらなくなり、すぐに胃液を吐くようになります。思い出しても辛いです(汗)。

お互い頑張りましょうね。

薩摩隼人さん、

私はゾンデ式の小腸造影を経験してないので、胃カメラが嫌な検査No1です。羨ましいですね。

>神経に関係してるとか?目では見えませんが神経で繋がりがあって痛みが生じるような?

内臓はよくそういうことがあるそうですね。痛みを口で説明したのですが、やっぱり見てみないと分らないということのようです。ちなみに刺すような痛みでした。

胃薬は何時もガスター20(H2ブロッカー)を処方してもらってます。胃薬はガスターでなく、今の主流のプロトンポンプ阻害薬
http://www.okusuri110.com/biyokibetu/biyoki_cnt_06-05.html
の方がいいのかなとも思うのですが、今回もガスター20が処方されました。ちなみに私も胃が痛いときだけ飲みますね。
Posted by くろーん40 at 2006年10月05日 17:07
胃カメラ…
私も胃カメラ苦手です。薬を口にためておくのが一番苦手ですw
CRPは、やっぱり病気のバロメーターなのですか?私は気にしたことが無かったので、なんだか毎回血液検査やったほうがいい気がしてきました。
Posted by 蓉 at 2006年10月05日 21:35
りーぶです。内緒話ではお世話になっています。
胃痛心配ですね。私の経験ですが、右下腹部に膿瘍があった時や、狭窄があった時に胃のあたり痛んだ事がありました。

ところで、虫垂炎の代表的な症状で『心窩部(みぞおち付近)の痛み』というのを聞いたことがあります。
クローンでよく炎症のおきる回盲部と盲腸はご近所ですので、案外その辺が影響してたりするのかもしれないですね。

あくまで私の経験なのでくろーん40さんはしっかり胃カメラ受けてくださいね(^_^)/
Posted by りーぶ at 2006年10月06日 01:36
私はクローンが悪化すると胃が痛くなります。
で、胃カメラを飲むのですが 胃はなんとも
ありません。

どうも小腸の病変が痛んでいるようなんですが
自分の感覚的には「胃」なんですよね(^_^;)
胃カメラ飲んで損した気分ですw
Posted by くろーん調理師 at 2006年10月06日 02:07
蓉さん、

>CRPは、やっぱり病気のバロメーターなのですか?

炎症が起こっているかどうかを判断するのに最も良く使われている指標です。CRPが低くても、痛みがあったり、腸閉塞になったりすることもあるので、CRPが低いからと言って安心することも出来ません。

>私は気にしたことが無かったので、なんだか毎回血液検査やったほうがいい気がしてきました。

血液検査が必要かどうかは医師が蓉さんの話などを聞いて決めているので、医師が血液検査をしてくださいといわない限りは不要なのではないでしょうか。逆に言えば、調子が悪いときはそのことをはっきり言うこと。そうすれば医師が必要な検査を指示してきます。

まあそうは言っても調子が良いときでも血液検査をすると安心できますよね。

りーぶさん、

私は20数年前から数年に1度、あるいは数度、夜寝れないような強烈な痛みを胃に感じ、胃カメラを飲んだことがあります。大体痛みが引いた数日後に飲むのですが、潰瘍の跡もないんです。

腹部の痛みは良く場所を間違えて感じるようですね。くろーん調理師さんも書かれていますが、ずっと胃が痛いと思っていたのに実は小腸の痛みだったとか、盲腸だと思って手術をしたら実は盲腸ではなくクローン病だったという話は講演会や他の患者さんからの話でよく聞きますよね。

私も20数年前からの痛みが実は小腸の痛みだったのかなと思ったことがありましたが、3年前にCD発病時から感じている右下腹部の小腸の痛みと20数年前からの胃の痛みは明らかに痛みの位置と痛み方が違うんです。

20数年前からの痛みは小腸の痛みではないと断言は出来ないのですが。

ちなみに私は子供のころ盲腸の手術をしているのですが、CDの人は盲腸の手術をした人が多く、UCの人は盲腸の手術をしていない人が多いそうです。

くろーん調理師さん、

>自分の感覚的には「胃」なんですよね(^_^;)
胃カメラ飲んで損した気分ですw

私と同じですね。でも上にも書きましたが本当に小腸の痛みなのかなと何時も不思議に思ってます。
Posted by くろーん40 at 2006年10月06日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。