最適な鼻注チューブ2

2005年03月16日

富士システムズのファイコンEDチューブ5.5Frに決定。


先々週の日曜日(3月6日)から8日連続で使ってみたが一度もとぐろを巻かなかった。材質が違うだけでこんなに違うのだろうか。ということで当面はこのチューブを使うことに決めた。

月曜日の通院時に、アーガイルの6.5Frももらってきたのだが、不要だったようだ。またガイドワイヤーについてはうちの主治医は処方したことがないとのことで、もらえなかった。まあガイドワイヤーなしで、こんなに簡単に入るのなら、こちらの方が良いと思う。

欠点としては長さの印が付いていない事。毎回残り60cmをものさしで測っている。

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆


posted by くろーん40 at 13:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。