CCJapanに体験記が掲載されました

2006年04月28日

『支えー家族とインターネット』という題で一昨日発売31号の56、57ページに掲載されました。


最初にCCJapanの方から『体験談』を依頼された時には、『手術経験もなく、発病時に一度しか入院したことがないのに闘病記なんて』と思った。しかし、CCJapanの方が『お子さんの絵のエピソードと家族をテーマにいかがですか』と言われた為、書いてみる気になった。

結局、2年半前の発病から振り返ってみると、体験談のタイトルのようにやはり『家族』と『インターネット』が闘病の支えになったということに尽きると思い、そのことを素直に書いた。

読まれた方は分かると思うが、体験記の半分は『CD患者の内緒話』と『CD家族会』について書いている。それほどこの2つのコミュは自分の支えになっていると思っている。本当は楽しい『クローン病不良患者』や他の方のブログのことも紹介したかったのだが、字数の関係で書けなかった。このブログを読んで下さっている方は、ブログを書きながらの交流の楽しさも分かってもらえるように思う。

そういう訳で今後とも暫くは私にとって『家族』と『ネット』が闘病の支えになっていくのだと思う。

皆さん、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

☆人気ブログランキングに参加しています☆
☆クローン病の知名度を上げたいです。ランキングが上位になり、人の目に留まる様に是非クリックをお願いします☆
posted by くろーん40 at 15:16 | Comment(13) | TrackBack(1) | CCJAPAN
この記事へのコメント
購読契約更新を忘れていました。
帰ったら振込の手続きをします。
早く読みたいです!!
Posted by ケイスケ at 2006年04月28日 16:42
闘病記…俺も今度患者会がらみで
会のみんなの前で闘病記を発表することになりました;
何をどう書いたらいいのか迷っています(笑
Posted by ごま爺 at 2006年04月28日 19:49
お子さんの絵を見てピンときました。
自分もネットを頼りにしている部分があります。
コミュニティに参加できてうれしいです♪
これからもよろしくお願いします。
Posted by B47 at 2006年04月28日 19:59
>そういう訳で今後とも暫くは私にとって
>『家族』と『ネット』が闘病の支えになって
>いくのだと思う。

自覚症状が全くないうちはわからなかったけど、
退院後に気がつけば、いつの間にか私もネット
の虜になっていました(笑)。
これもひとつの「支え」ですね。

くろーん40さんの掲載と聞いて、はじめて
CCJapanを読みたいと思いました。
今度探してみます。
Posted by senawan at 2006年04月28日 23:23
ケイスケさん、

今月号は必携ですよ。ネットでは得るのが難しい検査についての情報と血液検査の見方は非常に参考になりました。

ごま爺さん、

ごま爺さんこそ闘病記を語るにふさわしい病歴の持ち主だと思います。普通に病歴を話せばそれだけで殆どの人を勇気付けられるのではないでしょうか。

B47さん、

絵でピンときてくれたと言うのは嬉しいです。
これからも内緒話を宜しくお願いします。

senawanさん、

私もメインは趣味のHPだったんですけどね。
何時の間にやら放置状態となっています笑。

私の記事はたいしたことないですが、今月号は後々も役に立ついい記事が多いです。バックナンバーはこちらでも購入できるのですが、
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31674947
今月号は三雲社から直接じゃないと無理かもしれません。取り扱っている書店はないのでは?
http://www.mikumosha.co.jp/ccjapan/subscription.html
Posted by くろーん40 at 2006年04月29日 00:09
 手記は決して苦しい闘病生活を送っている人だけが書くものではないと思います。
 こうやって、危機を切り抜けたとか、どうやって病気と上手く付き合っているのかなども大切な記事であると思います。まして、何を支えにしているかということはとても大切な記事なのではないでしょうか。これからも機会があればどんどん書いてください。
Posted by クローンライダー at 2006年04月29日 00:50
読ませていただきました。
「CD家族会」を作られたいきさつのあたり、とても感心させられました。
「CD患者が身近にいて苦労している人たちを、家族に支えてもらっている私たち患者自身が少しでも手助けできれば」のくだり、
そうすることで読んでる家族さんも救われるし、投稿する患者自身も他人の役に立てるということで癒されるんですよね。
「内緒話」もそうですが、とても素晴らしい試みだと思います。
私は「内緒話」に参加以来、毎日が楽しくなりました。今はネットが手放せません。(笑)
Posted by ゆかり at 2006年04月29日 09:36
おめでとうございます。
お金の関係で俺は読んでいないのですが有名な雑誌のようですね。
何かありきたりですみませんが、これからも頑張ってくださいませ。
Posted by たますけ at 2006年04月29日 14:33
ブログにも書かせていただきましたが、自分の知っている方の記事がこうして掲載されて自分のことのように嬉しく感じました。
クローン病のブログを始めるに当たって、最初に参考にさせていただいたのがくろーん40さんのブログでした(笑)。そこからmixiや内緒話でほんとうに私もわずか半年の間にいろいろな情報を知ることが出来ました。ありがとうございます。これからも頑張ってください!
Posted by 内務卿 at 2006年04月29日 17:39
クローンライダーさん、

>どうやって病気と上手く付き合っているのかなども大切な記事であると思います。
そういわれればそうかも知れませんね。そもそもこのブログを立ち上げたのは、HPを書かれているCD患者の方に軽症の方が少ないということだったことを思い出しました。

ゆかりさん、

>そうすることで読んでる家族さんも救われるし、投稿する患者自身も他人の役に立てるということで癒されるんですよね。

その通りですね。役に立って嬉しいというというのもありますし、患者としても自分が家族にいいづらいけど云いたい事を他の患者さんの家族の方に言ってすっきり出来たりしますw。

>私は「内緒話」に参加以来、毎日が楽しくなりました。
内緒話の管理人としてはこれ以上の言葉はありません。有難うございますm(__)m

たますけさん、

ありがとうございます。たますけさんもモデルも学業も上手く行くと良いですね。

内務卿さん、

有難うございます。内務卿さんは最初内緒話に入ることにかなり抵抗を覚えていらっしゃったのを覚えています。そんな内務卿さんに
『mixiや内緒話でほんとうに私もわずか半年の間にいろいろな情報を知ることが出来ました。』と言って頂いて嬉しいです。これからも宜しくお願いします。
Posted by くろーん40 at 2006年04月29日 21:07
毎号のように、お知り合いになられた方々が載るので、定期購読しなくっちゃって、思っています(笑)そんなわけで、今号は、まだ買ってないのです。くろーん40さんの体験談が楽しみで〜す。写真付きですか?お疲れ様でした♪
Posted by oyukkie at 2006年04月29日 21:43
拝読させていただきました。
お子様のイラストを見て、
「あーっと」驚きました。

ほんと「家族」は支えになりますね。
子どもが生まれてからは、いっそう強く感じるようになりました。

息子(1歳9ヶ月)が私のイラスト描けるようになったら、
どんなの描いてくれるのか、今から楽しみで♪


Posted by イワコ at 2006年04月29日 22:29
oyukkieさん、

次号の6月号はブログを特集するみたいなので、知っている人が沢山出てくるんじゃないでしょうか。ちなみに私の写真の変わりに子供が書いた絵を入れさせてもらいました。

イワコさん、

子供は正直ですから、書いた絵もストレート。俺ってこんなんじゃない、と思いつつも見入ってしまいます。子供が書く絵って不思議ですね。
Posted by くろーん40 at 2006年05月01日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

届きました
Excerpt: 届きました。CC JAPANvol31。 今回の特集は「IBD治療最前線2006」。 ドクターズインタビューから検査小特集までいろいろ。 プレバイオティクスと炎症性腸疾患も毎日、ミルミル..
Weblog: ビチュ〜なクローン病徒然日記
Tracked: 2006-04-29 15:38
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。