新しい内視鏡(その2)−経鼻内視鏡

2004年11月18日

『胃カメラ』という呼び方は間違いらしい。メーカーによると正しくは内視鏡と呼ぶのだとのこと。どう呼んでも嫌なものは嫌である。それ程私は胃カメラ(やっぱりこう呼んでしまう)が嫌いなのだが、大腸内視鏡の方が嫌いな人や小腸造影の方が嫌いな人も居て面白い。私は胃カメラが一番嫌いである。

前回書いたようにカプセル内視鏡が胃カメラに取って代わることはないらしい。ただこの鼻から入れる胃内視鏡は期待できそうだ。

鼻からチューブを入れるのはエレンタールで毎日のことだし、慣れている。従来型より画質が劣るという欠点は数年間で飛躍的に進歩したデジカメのように直ぐに進歩するだろう。問題はスコープが細いために、取り付けられる鉗子の種類や数が限られるため、消化器官内の止血ができないなど処置に限界がある点だ。しかし、内視鏡検査で実際に病変が見つかる頻度は1%程度と低いそうだ。クローン病の場合も胃カメラで医療処置をすることは殆どないと思うのでこれは使えると思う。

すでに100箇所近い施設で経鼻内視鏡を使っている。うちの病院も早く採用して欲しい。

☆人気ブログランキングに参加しています☆


posted by くろーん40 at 09:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | クローン病の検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。