オリゴ糖錠剤『プリベント』服用を停止

2005年04月27日

以前から効いている感じがまったくなかった プリベント(オリゴ糖)であるが、ここ数日飲まなくとも調子が変わらず良いので、やめることにした。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(2) | サプリメント

クローン病の標準治療 アメリカ消化器学会の場合 その8 手術の適応

成人クローン病患者の治療(Management of Crohn's Disease in Adults)(注意!pdf書類)(American Journal of Gastroenterology Vol96.No.3, 2001)』の「手術の適応(Indication for Surgery)」の部分。

ポイント by くろーん40
・手術適応のケースは日本と同じ考え方だと思う。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:04 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | クローン病について

クローン病の標準治療 アメリカ消化器学会の場合 その7 緩解維持の治療

2005年04月26日

成人クローン病患者の治療(Management of Crohn's Disease in Adults)(注意!pdf書類)(American Journal of Gastroenterology Vol96.No.3, 2001)』の「緩解維持の治療(Maintenance Therapy)」の部分。

ポイント by くろーん40
・ステロイドで緩解を迎えた場合は、アザチオプリン(イムラン)かメルカプトプリン(ロイケリン)が効く一方で、メサラジン(ペンタサ)は効かないが、腸を切除した後はメサラジンでも良い。
・緩解維持にステロイドは効果がなく、逆にステロイド依存の危険がある。
・免疫抑制剤で癌のリスクが増大するということはない。

くろーん40のコメント:「ペンタサか5-ASA」の日本と違い、米国では免疫抑制剤が緩解維持のファーストチョイス。日本では病変により小腸はペンタサ、大腸はステロイドか5-ASA(スルファサラジン)という使い分けだと思うが、この使い分けにはまったく触れていない。日本の常識である「絶食で緩解導入」後の薬については勿論書かれていない。ステロイドで緩解導入するとペンタサが効かないと言うのは知らなかった。

続きを読む
posted by くろーん40 at 13:00 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | クローン病について

クローン病の標準治療 アメリカ消化器学会の場合 その6 肛門周囲の疾患

2005年04月25日

成人クローン病患者の治療(Management of Crohn's Disease in Adults)(注意!pdf書類)(American Journal of Gastroenterology Vol96.No.3, 2001)』の「肛門周囲の疾患(Perianal Disease)」の部分。

ポイント by くろーん40
・深刻な肛門周囲膿瘍は外科的に排膿したほうが良い。
・化膿しないもの、あるいは慢性的に瘻孔が形成される場合、あるいは肛門周囲に裂傷が生じる場合は抗生物質か、免疫抑制剤か、レミケードで治療する。

くろーん40のコメント:軽・中・重・激症と来て、【肛門周囲の疾患】。それほど頻度が高い代表的な合併症ということなのだろう。


続きを読む
posted by くろーん40 at 23:19 | Comment(4) | TrackBack(2) | クローン病について

クローン病の標準治療 アメリカ消化器学会の場合 その5 重・劇症患者治療

成人クローン病患者の治療(Management of Crohn's Disease in Adults)(注意!pdf書類)(American Journal of Gastroenterology Vol96.No.3, 2001)』の「重・劇症状(Severe-fulminant Disease)」の部分。

ポイント by くろーん40
・重・劇症患者の治療でもはやりステロイドで症状を抑えることが第一である点に変わりはない。違いは静脈注射を使う点だろうか。
続きを読む
posted by くろーん40 at 16:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | クローン病について

クローン病の標準治療 アメリカ消化器学会の場合 その4 中・重症患者治療

2005年04月24日

成人クローン病患者の治療(Management of Crohn's Disease in Adults)(注意!pdf書類)(American Journal of Gastroenterology Vol96.No.3, 2001)』の「中・重症状(Moderate-Severe Disease)」の部分。

ポイント by くろーん40
・中・重症患者の治療は日本とほぼ同じ。ステロイドで症状を抑え、場合によって免疫抑制剤を使う。またステロイド依存だったり、効かなかったらレミケードを使う。
・喫煙者と慢性疾患のCD患者は特にステロイド依存、或いは抵抗症になりやすい。
・成分栄養療法については効果は認めるものの「長期的に病気の辿る道を変えることはない」と否定的。

くろーん40のコメント:ちなみにこの「長期的に病気の辿る道を変えることはない」というコメントをサポートする治験や論文はない。米国の文化、保険制度を考慮すると成分栄養療法が第一選択となることが難しいのは理解できるのだが、何が著者に、或いはアメリカ消化器学会にこのように断言させているのかは全く理解できない。この点については後日詳しく書く予定。

続きを読む
posted by くろーん40 at 11:38 | Comment(2) | TrackBack(3) | クローン病について

食事 4月第4週 まずまず 

今週もちょっと嫌な痛みを感じた日があったが、まずまず順調。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の食事

インフリキシマブの副作用対策

2005年04月22日

米国ではインフリキシマブ(infliximab,商品名:レミケード)の副作用対策は確立しているという記事続きを読む
posted by くろーん40 at 21:32 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | クローン病の原因と新しい治療法

キムチを食べる理由

2005年04月21日

誰も聞いてくれないし、書くのも面倒だなと思っていたら、こんな記事を見つけた。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:49 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事療法

又やってしまった(T_T)

朝方、「う〜ん」と寝返りをうつとなんだか左の二の腕が冷たい(^_^;;続きを読む
posted by くろーん40 at 09:56 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

CCFJの住宅ローンアンケート回答者募集

2005年04月20日

今まで団信が理由で借りられなかった人は良い機会になるかも!?続きを読む
posted by くろーん40 at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保険・住宅ローン

クローン病の標準治療 アメリカ消化器学会の場合 その3 活動期の軽・中症患者治療

2005年04月19日

成人クローン病患者の治療(Management of Crohn's Disease in Adults)(注意!pdf書類)(American Journal of Gastroenterology Vol96.No.3, 2001)』の「管理(Management)」の「一般的なこと(General)」と「活動期の軽・中症状(Mild-Moderate Active Disease)」の部分。

ポイント by くろーん40
・活動期の軽・中症患者に対し、ペンタサ(メサラジン)かサラゾピリン(スルファサラジン=5-ASA)服用が基本で、ペンタサ、サラゾが効かなければ抗生物質(フラジール)、抗菌薬(シプロキサシン)が効く場合もある。
・ペンタサの基準服用量は日本(3g=12錠)より多い3.2-4g(=16錠)。

くろーん40のコメント:量を除いたら「日本と(殆ど)同じじゃないか」と一瞬思うが、アメリカの場合は「活動期」の炎症を抑えるための治療法である。一方日本の場合、「活動期」の炎症を抑えるのは薬よりも絶食と栄養療法で、薬は再燃防止の意味合いが強いと思う。

続きを読む
posted by くろーん40 at 12:38 | Comment(6) | TrackBack(2) | クローン病について

A.J. クィネル『燃える男』☆☆☆☆☆

2005年04月18日

映画『マイボディーガード』の原作。原作を読んでいる人の映画のコメントで『映画も良かったけど原作も』というのが多かったので読んでみた。続きを読む
posted by くろーん40 at 14:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書録

クローン病の標準治療 アメリカ消化器学会の場合 その2 病態の判断

成人クローン病患者の治療(Management of Crohn's Disease in Adults)(注意!pdf書類)(American Journal of Gastroenterology Vol96.No.3, 2001)』の"Determining Disease Activitiy"の部分。


ポイント by くろーん40
・病気の活動状況を測る基準としてCDAIが治験で使われているが、臨床ではあまり使われていない。
・アメリカでは症状を軽・中症、中・重症、重・激症、そして緩解の4段階に分ける仮の定義を定めている。続きを読む
posted by くろーん40 at 13:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | クローン病について

初の粗相

夜鼻注中に初めて鼻注チューブが外れてしまった。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:30 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 鼻注 (経腸栄養法)

食事 4月第3週 腹痛のち復活

2005年04月17日

久々に腹痛を感じたので驚いたが、絶食1日間だけで復調できた。続きを読む
posted by くろーん40 at 22:18 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日々の食事

クローン病の標準治療 アメリカ消化器学会の場合 その1 概要

2005年04月16日

成人クローン病患者の治療(Management of Crohn's Disease in Adults)(注意!pdf書類)(American Journal of Gastroenterology Vol96.No.3, 2001)』の「はじめに(Preamble)」,「序文(Introduction)」,「様々な症状(Clinical Features)」,「診断(Diagnosis)」,「悪化させる要因(Exacerbating factors)」の部分。

ポイント by くろーん40
・アメリカの学会が認めた標準治療である
・クローン病("CD")は病態が人によって大きく異なり、患部も異なること、また腸外合併症を伴うことから、その治療法も一様ではない。
・診断方法は日本と同様。
・感染症(クロストリジウム・ディフィシレ菌を含む上部気道と腸管感染症(CD40注:要は風邪のことか!?))、喫煙、(CD40注:アスピリンなどの)非ステロイド系の抗炎症薬はCDを悪化させる。続きを読む
posted by くろーん40 at 18:54 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | クローン病について

クローン病の標準治療 アメリカのNational Guideline Clearinghouseの場合

ガン治療で有名な平岩正樹氏が週刊現代で連載している「読む抗ガン剤」を時々読んでいると参考になることが多い。(昨年12月に投稿した同名の記事を改定し再投稿した)続きを読む
posted by くろーん40 at 13:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | クローン病について

絶食終了

2005年04月13日

結局、12日の昼から食事再開。絶食は1日だけだった。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:23 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病

久々の腹痛、絶食開始

2005年04月11日

昨日の夕方から右下腹部、回腸のあたりがズキ、ズキと痛み始めた。続きを読む
posted by くろーん40 at 12:59 | 東京 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | 闘病

特定疾患治療研究事業の指定基準見直し難航

特定疾患治療研究事業の指定基準見直しが難航しているらしい。続きを読む
posted by くろーん40 at 11:52 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 特定疾患医療受給者票

食事 4月第2週 順調

2005年04月10日

特に変化なしだと思う。続きを読む
posted by くろーん40 at 01:17 | 東京 🌁 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日々の食事

月刊治療学vol38『炎症性腸疾患』☆☆☆☆☆

2005年04月09日

医師向けの医学雑誌であるから万人向けではない。しかし、病気について一通りの知識があり、これらの論文を読んで面白いと思うような人なら、この雑誌は絶対お勧めである。続きを読む
posted by くろーん40 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気関連ー書評・音楽

オリゴ糖「プリベント」に即効性なし

2005年04月04日

オリゴ糖「プリベント」を飲み始めて、2週間が経った。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:24 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | サプリメント

食事 3月第5週 まずまず

2005年04月02日

相変わらず合併症などにびくびくしているが、調子はまずまずなんだろうと思う。続きを読む
posted by くろーん40 at 23:54 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の食事

映画「オペラ座の怪人」☆☆☆☆

2005年04月01日

久しぶりの映画。ミュージカル映画を見るのはあの「コーラスライン」以来かもしれない。続きを読む
posted by くろーん40 at 10:26 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(8) | 映画評
【私、くろーん40は、本サイトにおいて、正確な情報を提供するよう可能な範囲で努力いたしますが、内容に関し、いかなる保証をするものではありません。万一、内容についての誤りおよび内容に基づいて被った損害についてもくろーん40は一切の責任を負いませんのであらかじめご了承願います。】All Rights Reserved, Copyright (C) くろーん40 2004-2013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。